東京地裁に入る新井被告

写真拡大

 派遣型マッサージ店の30代女性セラピストAさんに乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優新井浩文(本名パク・キョンベ、韓国籍=40)が2日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)に求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡された。名脇役は“全面敗訴”したものの、即日控訴した。

 事件は昨年7月1日未明、新井被告が当時住んでいた東京都内の自宅で起きた。

 争点は、(1)新井被告はAさんの抵抗を困難にするほど暴行したか、(2)性交について新井被告が被害者の合意があったと誤信したか――の2点。新井被告は一貫して無罪を主張していた。

 この日の判決ではブラックスーツ姿で入廷。心労がたまったか公判を重ねるにつれ白髪が増えた印象がある。さらに、ヘアスタイルのトップがややぼさぼさだ。

「懲役5年に処する」――。証言台で実刑を告げられると、直立不動のまま聞き入った。

 名脇役が完敗した格好だ。一連の供述を地裁にことごとく却下され、さらに痛烈に非難された。

 滝岡裁判長は“優男”な雰囲気があり、淡々とした口調で判決理由を述べたが、新井被告に対して「施術中に付け入った卑劣で悪質な犯行」と断罪。「抵抗を著しく困難にさせる暴行だった」と強制性交罪の成立を認めた。Aさんの供述には「客観的な経緯や状況と整合し、信用性は高い」と評価した。

 最後に「あなたの人生は終わったわけではない。責任と向き合い、地道に信頼を取り戻すべく努力を続けて」と説諭があった。

 閉廷後、Aさんの代理人弁護士は記者団の取材に「ホッとしている。可能性として無罪もあったので」と吐露。「被害者の方(Aさん)も納得のいく判決だったのでは」と指摘した。一方で「求刑から減刑されないのは…」と、求刑がそのまま認められたことに驚きを示した。

 Aさんの代理人弁護士が「(相手は)控訴するだろう」と予想した通り、新井被告側は判決言い渡しから30分ほどで“スピード控訴”した。

 新井被告は映画「血と骨」「アウトレイジ ビヨンド」などに出演し、実力派として評価されていた。