「1万円のタピオカミルクティー」ですと? 話題の「東京タピオカランド」が新大久保に期間限定オープンするよー!

写真拡大

カオスな空間としてこの夏話題になった「東京タピオカランド」が、東京・新大久保に期間限定「東京タピオカランドカフェ」をオープン。

2019年11月22日から2020年2月1日まで、ホテル「CEN DIVERSITY HOTEL&CAFÉ」内に登場します。

注目すべきは、カフェで注文できるという1万円のタピオカミルクティー。この世で1番高い茶葉を使っているそうなのですが……一体どんな味がするんでしょ!?

【中国茶好きなら知らぬ者はいない?「大紅袍」を使用】

1万円(※税別)のタピオカミルクティー「ロイヤルプレミアムタピオカミルクティー」に使用されているのは、「烏龍茶の王様」「中国茶のロマネコンティ」とも称される、大紅袍(だいこうほう)。

なんでも岩場で育つ “岩茶(がんちゃ)” の1種で、中国福建省北部の武夷山市で生産される “武夷四大岩茶(ぶい よんだいがんちゃ)” の筆頭と言われているそうで、とにかく凄そうなお茶です。

【原木ではなく「2代目」】

樹齢400年を超える原木は3本しか存在していないため、中国政府が管理するほどの希少品。過去にオークションに登場したときには、20gで約252万円の値がついたそうなんです。

1万円のミルクティーに使用されているのは、原木の木を移植して作った “2代目” 。

そんなお茶をミルクティーにするなんて少々もったいないような気もしますが、……だからこそ飲んでみたいという好奇心もムクムク。

数量限定ということなので、興味を持ったみなさんは、1万円をにぎりしめて足を運んでみてはいかがでしょうか。

【ほかのドリンクは一律500円 & 入場無料だよ〜】

ちなみにそのほかのタピオカドリンクは一律税込み500円。入場料は無料なのでリーズナブルに楽しめますよ〜。

そして肝心(?)の空間ですが、前回同様タピオカのフォトスーペースがあるそうです。また話題になりそうだナァ……。

参照元:プレスリリース、東京タピオカランド
執筆:田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る