プロ野球のドラフト会議が17日に開かれる。

【写真】結果発表 佐々木朗希に「行って欲しい球団」1位〜12位

 今年は投手が豊作と言われており、「1位指名は3投手に集中するのでは」という声もある。大船渡高(岩手)の佐々木朗希投手、今夏の甲子園で準優勝した星陵高(石川)の奥川恭伸投手、全日本大学選手権で優勝した明大の森下暢仁投手だ。

 なかでも1位候補として注目されるのが、高校史上最速163kmの右腕・佐々木投手だ。「その年の1番の選手」の獲得に動く日本ハムが早くから1位指名を明言。今回のドラフト1番人気の呼び声が高く、最大9球団の1位指名の可能性も指摘されている。

 佐々木投手自身は2日のプロ入り表明の際に「12球団どこでも頑張りたい」と全球団OKの姿勢を示している。

 そこで『文春オンライン』では、ドラフト直前・緊急アンケート「12球団OKの佐々木朗希選手『どこの球団に行って欲しい?』」を実施。5日間で、投票総数503票、10代〜80代から幅広く回答が集まった。早速、その結果を発表していこう(なお#2では、元巨人・槙原寛己氏に結果について感想を聞いている)。


複数球団からの1位指名が確実視される佐々木朗希投手 ©文藝春秋

◆◆◆

 132票を集め1位になったのは「日本ハム」だった。早くから入札を明言しており、12球団で唯一、直前の面談を行なっていない。ドラフトでのくじ運が良いことで知られるが今年はどうなるか。

 続いて2位は96票で「楽天」。岩手出身、佐々木投手の“地元”球団だ。そして3位には今季セ・リーグのCSファイナルを争った「巨人」「阪神」が53票で並んだ。5位はパ・リーグのCSを制した「ソフトバンク」(34票)。そして6位が「広島」(27票)だった。

 7位以下には「ヤクルト」(24票)、「中日」(22票)、「DeNA」(20票)、「西武」(17票)、「オリックス」(15票)と続き、最下位は「ロッテ」(10票)となった。

 では各球団を推す理由を見ていこう。

【1位 日本ハム 132票】

 日本ハムはその育成能力を評価する声が数多く集まった。

「高卒の新人投手を育てるのなら定評のある日ハムがイイと思う」(56・男)
「こういう『花形高校球児』を上手に育てられる実績があるので日ハム」(48・女)
「育成のうまさは、12球団ナンバー1だと思います」(43・男)

 来季の留任が決まった栗山英樹監督への信頼も厚い。

「選手を上手く育てられる監督の下で育成してほしい」(77・男)
「栗山監督の残留も決まっているため、最も確実に育てられる球団だと思います」(54・男)

 さらに日本ハムからメジャーへ旅立った大谷翔平(エンゼルス)、ダルビッシュ有(カブス)らの名前を挙げる意見も。

「ダルビッシュや大谷の例もあり、高卒ピッチャーの育て方に慣れていると思う。」(53・男)
「同じ岩手県出身の大谷翔平投手も在籍していた球団に入る事が大きな励みになる」(43・男)
「大谷選手のように世界で活躍できる選手になってほしいという思いのほうが強い」(34・女)

 北海道の方は球団本拠地としての北海道を推す。

「我が北海道に来て欲しい。北海道ならいきなり大都会!という環境の変化も少ないと思うので馴染みやすさもあるかなと」(24・女)

 最後にこんな意見もあった。

「というか、クジ運の強さで日ハムが引き当てると思う」(56・男)

【2位 楽天 96票】

 地元・東北に残って欲しいという声が圧倒的だった。

「地元東北の楽天イーグルスで東北魂で頑張ってほしい」(70・男)
「岩手県の出身なので東北を盛り上げてほしい」(39・女)

 佐々木投手にとって“知らない都会”よりも地元の方が良いという意見も。

「知らない土地でストレスにさらされることなく、まずは地元でノビノビとプロとしての力と身体をつくって欲しい」(59・女)
「都会の水に慣れる必要がないから」(70・男)

 一方、こんな不安の声もあった。

「地元で気候や風土とか適しそうだからです。でもチーム事情で指名しないような気がします……」(44・男)

次に3位タイの巨人、阪神から6位広島までの意見を見ていこう。

【3位タイ 巨人 53票】

 まずはやっぱり「球界の盟主」に来て欲しいという声から。

「球界一注目度が高いジャイアンツで、マスコミ対応も含め佐々木君が本物のスターになれるかどうか見てみたい」(54・女)
「球界の未来の宝として行くべきチームであるから」(53・男)

 そして巨人の投手事情を心配する意見も。

「菅野の後継者として育ててほしい」(79・男)
「巨人軍にめぼしいピッチャーがいないから」(85・女)
「巨人の投手陣の世代交代のため」(45・男)

 巨人の近年のドラフトについてこんな声もあった。

「そろそろ巨人にもこういうドラフトの目玉を獲得してほしいです」(50・男)

 【3位タイ 阪神 53票】

 チーム事情からか、切実なファンが多かった。

「メッセンジャーの代わりに佐々木君が欲しい!」(65・男)
「今の阪神に必要な戦力です。優勝するには彼の入団が不可欠」(60・男)
「阪神の救世主となってほしい!」(40・女)
「絶対的なリリーフが阪神には必要。昔のような村山実、小山正明みたいな大投手がほしい。そして超速球を武器に巨人をきりきり舞いさせるところをみたい」(74・男)
「家族全員、親戚、友人、みんな阪神ファン。甲子園で投げて巨人をやっけてほしい」(45・女)

 そしてこの夏叶わなかった甲子園のマウンドをぜひ踏んで欲しいという声も。

「果たせなかった甲子園。そのマウンドを本拠地とする阪神のスターとして活躍して欲しい」(77・男)
「甲子園のマウンドにたてなかった佐々木君。夢を甲子園で。ユニホームも縦じまが似合う」(65・男)

【5位 ソフトバンク 34票】

「投手出身の工藤監督のもとで、もう一段上の、技術・体力・精神力を身に着けてほしい」(70・男)
「1、2、3軍とあるソフトバンクでじっくりと経験を積んで花を咲かせて欲しい」(28・男)
「3軍制まであるソフトバンクの育成制度は設備面も含めて他球団よりも秀でていると思う」(65・男)
「投手出身の工藤監督にじっくり育ててもらうのが良いのでは」(60・女)
「千賀投手との2枚看板になってほしい」(57・男)

【6位 広島 27票】

「赤いヘルメットが似合うフェイスラインをしている」(59・女)
「広島は都会過ぎず野球に集中しやすいから」(33・男)
「厳しく練習する広島がいい」(48・男)
「佐々木朗希投手が加われば、広島投手陣は最強になると思います」(59・女)
「今年はCS逃したしカープに入ってほしいです」(27・女)

7位ヤクルト〜最下位ロッテにもファンのアツい想いが詰まっていた。

【7位 ヤクルト 24票】

「今シーズン最下位に終わったヤクルトスワローズに入って欲しい。ヤクルトの新監督に投手出身の高津氏が就任するとのことで、投手陣の強化に力が入るはずです」(68・男)
「ヤクルトは数字で見ても少し崩れると投手陣が怪しくなるので力を借りたい」(20・女)
「弱小球団から大黒柱として大投手に成長してほしい」(58・男)

【8位 中日 22票】

「久しく剛球投手に縁のない中日だがナゴヤドームで安心してゲームを楽みたい」(81・男)
「佐々木を、きちんとした教育方針をもって抑えのピッチャーとして育てたら、ドラゴンズの未来は万々歳です」(76・男)
「松坂大輔の抜けた穴をカバーして欲しい」(41・男)

【9位 DeNA 20票】

「弱小軍団に入って即実戦で投げられるような球団がいい」(42・男)
「投手陣が手薄で、すぐ1軍で活躍できそうだから」(61・男)
「横浜によく似合う風貌。横浜の投手補強には必要な人材だから」(55・男)

【10位 西武 17票】

「投手層が薄くて必要とされている。打つほうは力強いチームなので、精神的に楽そう」(34・女)
「同じ東北の岩手県の花巻東高校卒業の菊池雄星、栃木作新学院の夏の甲子園優勝投手今井達也と高卒投手の育成に定評がある」(37・男)

【11位 オリックス 15票】

「一番弱いチームを優勝に導いて欲しい」(63・男)
「オリックスの先発がいい感じに育ってきている感じがするし、ファンの数やヤジも少なめでやりやすいんじゃないかなと思います」(31・女)

【12位 ロッテ 10票】

「甲子園に出場していない二木、岩下、種市などが順調にローテーション投手になっている。佐々木の体作りをする時間の余裕がある」(67・男)
「吉井理人投手コーチがいれば、ロッテもありでは?」(81・男)

 ドラフトは17日17時から行なわれる予定だ。佐々木朗希選手の交渉権を獲得するのはどの球団になるのだろうか。

(#2ではアンケート結果について、元巨人・槙原寛己さんに感想を聞いています)

ドラフト あの“完全試合男”が語る「佐々木朗希投手を育てられる球団、育てられない球団」 へ続く

(「文春オンライン」編集部)