ロシア北西部にある軍の施設で8日に起きた爆発について、ロシアの気象当局は、当時現場周辺で、放射線量が16倍に上昇したとする観測結果を公表した。NHKニュースが報じた。

この爆発をめぐってはトランプ米大統領が、アメリカ軍などがコードネームで「スカイフォール」と呼ぶ、原子力を動力源とする最新の巡航ミサイル「ブレベストニク」の実験の失敗によるものだったとの認識を示している。

ロシア 軍施設での爆発 放射線量最大で16倍に上昇 気象当局(NHKニュース)