男気に溢れる契約から急転直下で袂を分かつことになった。現地時間10月16日にサントスは元ブラジル代表FWロビーニョとの契約を解除したことを発表した。かつてセレソンで10番を背負ったロビーニョが世間の話題をさらったのは、今月10日だ。現在36歳の名手は、古巣の財政難を受け入れ、わずか月1500レアル(約2万8500円)の報酬で電撃契約を締結したのである。月給10レアル(約190円)でも構わないと熱意を見せたことも地元