「米国社会にも浸透するリアルタイム顔認識は、「監視社会」の足音なのか?」の写真・リンク付きの記事はこちら顔認識技術が権威主義に利用される可能性について警鐘を鳴らす人権擁護活動家たちは、よく中国の名を挙げる。中国の警察機関の一部では、公共の場において容疑者の顔を識別するシステムが使われている。このほどジョージタウン大学の研究チームが発表したレポートは、米国人も身近な懸念に注意すべきであることを示唆し