人の体や染色体の形をした建物に、街を歩く不気味なロボット。韓国人建築家ムーン・フーンが描く奇妙な街のイラストは、いつだって空想にあふれている。そして彼は、その空想と現実の境界を、「落書きの魔法」によって超えることができる。 「建築家ムーン・フーンが描く、幻想都市」の写真・リンク付きの記事はこちら