ウォルト・ディズニーの生誕110周年を記念した、日本初となる企画展「ウォルト・ディズニー展」が、2012年4月18日〜5月7日に松屋銀座8Fイベントスクエアで行われる。

挑戦と刺激に満ちた生涯

ミッキーマウスの生みの親であり、「白雪姫」や「ピノキオ「シンデレラ」など数多くの長編アニメを世に送り出してきたウォルト・ディズニー(1901〜1966)。今回の「ウォルト・ディズニー展」では、アメリカ・ディズニー本社の全アーカイブからの貴重な資料や、サンフランシスコにある「ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム」から本邦初公開となる本人の愛用品やコレクションが展示される。このほかにも、セル画や関連グッズなど約500点が一堂に集結し、ウォルトの挑戦と刺激に満ちた生涯を垣間見ることができる。

入場料金は、大人1000円(700円)、高大生700円(400円)、中学生以下無料(カッコ内は前売り料金)。前売りチケットは、チケットぴあ(Pコード765-055)・ローソンチケット(Lコード35110)・セブンイレブン(セブンコード015-673)で発売中。

最新情報は、ウォルト・ディズニー生誕110周年記念公式サイト(http://www.disney.co.jp/dream/)で確認できる。