タイのマクドナルド

写真拡大

首都・ハノイで調査

 あり得ないほどの超円安が続く中、海外に行くたびに気になるのが現地の物価だ。特にマクドナルドのビッグマックの価格を比較したビッグマック指数(The big mac index)は、各国・地域の物価水準や購買力を把握する基準として使われている。では、東南アジアの観光名所ではどうなのか。ベトナムの首都・ハノイの高級商業地域の一角にあるマクドナルドを訪れた筆者は、ハンバーガーとチーズバーガーの値段を見て驚いた。日本はベトナムに抜かれるほど“安い国”になっていたのか――。【豊島ハヤト/トラベルライター】

【写真】タイのハンバーガー、実物。ベトナムのマックはタッチパネル方式、実際の店内

 世界的に有名なハノイのホアンキエム湖。風光明媚な小さな湖は、オートバイが無秩序に爆走する市内の喧噪からは想像できないほどの落ち着きを保っている。その南東に位置する高級デパートには、欧米の高級ブランドショップが数多く入店しており、欧米の観光客で賑わっていた。マクドナルドは道路を挟んだその向かいにある。日本と比べて値段はどうなのか。

タイのマクドナルド

 注文は日本でも導入されているタッチパネルのセルフオーダー式。「Burger」をタッチするとさまざまな種類のハンバーガーの値段が一覧できる。最安値の「ハンバーガー」は3万6000ドン、「チーズバーガー」は4万6000ドン、「ビッグマック」は7万6000ドンと表示されていた。1万ドンは約61円(5月30日現在)のため、円換算するとそれぞれ220円、280円、464円となる。これには愕然(がくぜん)とした。日本ではそれぞれ170円、200円、480円だ(公式HPより)。かろうじて「ビッグマック」は日本の方が若干高いが、「ハンバーガー」と「チーズバーガー」はベトナムの方が断然高いという予想外な結果となった。円安がさらに進めばビッグマックも逆転されるだろう。

 為替レートを見ると、2020年末は1万ドン=45円だったため、当時と比べるとベトナムドンに対し35%も円安になっている。ベトナムでは、フランスパンに卵やチキン、野菜をはさんだ「バインミー」が2万ドン(122円)から3万ドン(183円)、ポピュラーな麺料理の「フォー」が5万ドン前後(約305円)という安さが当たり前。にもかかわらず、マクドナルドのハンバーガーが日本より高いことに驚いたのだ。

 ベトナムではマクドナルドが高級料理になっているのだろうか、と勘ぐったが、店内を見渡すと若い学生風の客と海外からの観光客が多い。富裕層ばかりというわけではなさそうだ。原因は何よりも為替レートで円安が続いているためだろう。我々、日本からの海外旅行者にとって、円安は財布を直撃する極めて不都合な経済要因だ。政府日銀は何をしているのか。

バンコクの庶民価格より安い

 次の渡航国であるタイの首都バンコクでも、マクドナルドの価格を調べてみた。小説家・沢木耕太郎が自身の旅を記した著書『深夜特急』にも登場したカオサン通り。世界中からバックパッカーが集まる“聖地“として知られている。そんな名所の中心地にあるマクドナルドの店舗に入店。注文方法はハノイと同じタッチパネル式だ。画面をスクロールして「Burger」の商品群を調べると、最安値の「ハンバーガー」は49バーツ、「チーズバーガー」は85バーツ、「ビッグマック」は145バーツだ。それぞれ212円、368円、628円となる。いずれも日本よりかなり高い。というか日本が安すぎるのか。

 ベトナムドン同様、タイバーツに対して日本円は弱くなる一方。2021年9月ごろは1バーツ3.3円ほどだったが、現在は4.3円ほど。1万円を両替すると3年前は2800バーツほどだった。だが、みるみるレートが悪くなり今年5月末に2300バーツを割ると、「ついに来たか……」とタイ在住日本人の間に衝撃が走った。

 タイのマクドナルドについて、バンコク在住の日本人留学生に聞くと「バンコクの巨大ロータリー・戦勝記念塔周辺の店舗は若者向けなので値段が少し安いですよ」という返事。そこでカオサン通りからローカル路線バスに乗って約20分の場所にある同記念塔周辺を調査した。大型商業施設「CENTER ONE」に入店しているマクドナルドの「ハンバーガー」は45バーツ、「チーズバーガー」は75バーツ、「ビッグマック」は135バーツだった。それぞれ194円、325円、585円となり、やはり日本より高い。バンコクの庶民価格よりも日本のマクドナルドの方が安いということが判明した。国や地域によってハンバーガーの素材に違いがあるとしても、けっこうな差だ。

 英経済専門誌「The Economist(エコノミスト)」(電子版)が今年1月25日に、世界55の国と地域のビッグマック指数とビッグマック価格のランキングについて記事を配信している。それによると、ビッグマックが高い国の1位はスイス1207円、2位はノルウェー1056円、3位はウルグアイ1041円、4位はユーロ圏867円、5位はスウェーデン867円だった。日本は45位で、46位ベトナム、47位香港、48位ウクライナと続き、最安値の55位は台湾の353円だった(為替レートは当時)。アメリカは9位で841円。米マクドナルドのジョー・アーリンガー社長は先立って、メニューの平均価格が過去5年間で約40%も値上がりしたと発表している。

 今回はビッグマック指数だけでは分からないマクドナルドの物価比較を現地で行ったことで、深刻な円安の実態が改めて浮き彫りとなった。都内のマクドナルドの店舗に立ち寄ると、欧米やアジアの観光客が大量のハンバーガーやポテトを食べている姿をよく見かける。日本国内のマクドナルドがここまで安いとマック好きの外国人観光客が押し寄せるのも当然だろう。「海外より値段が安いのはありがたいことではないか」という声も聞こえてきそうだが、「ついにベトナムにも抜かれてしまったのか」とため息が出てしまうのも事実なのである。

豊島ハヤト(とよしま・はやと)
早大政経学部卒業後、大手マスコミに就職。取材でアジア、ヨーロッパ、豪州などを駆け巡る。退職後、フリーライターに。専門分野は海外旅行や海外事情のほかエスニックフーズ、ノマドスタイル、海外移住、日本の中国・韓国人社会など多岐にわたる。月刊誌に書評、映画評のほか東京・歌舞伎町を舞台にしたアジア系移民による闇ビジネスのルポルタージュも発表。愛読書は沢木耕太郎『深夜特急』。

デイリー新潮編集部