ネットカフェのセクハラ客に悩む女性店員たち「監視カメラの死角で…」

写真拡大

 緊急事態宣言が発出され、多くの飲食店が時短営業の要請に応じている。自治体によって異なるが、「ネットカフェ」はその対象外。そんななか、現在も24時間営業を続けている店も。ある店の女性店員は日々接客するなかで「モンスター客のセクハラ」に苦悩しているとか。彼女の口から語られたとんでもない客の実態とは……?

◆女性店員に対して電話でセクハラしてくる客

「なにか違う店と勘違いしているのかもしれません」

 ネットカフェでアルバイト店員として働く小川里佳子さん(20代・仮名)が嘆く。女性店員たちが頭を悩ませているのが客からかかってくる「セクハラ電話」だ。

「そちらのお店では“大人の動画”は観れますか?」
「“セルフプレジャーグッズ”を持ち込んでもいいですか?」

 電話の主は質問責めして、あえて作品名や商品名などの単語を言わせることで反応を楽しんでいるようだ。極めつけは「手伝ってもらうことはできますか?」。当然、「業務外のことなので出来ません」と断る。相手は粘り強く食い下がってくるが、長い押し問答にうんざりし、男性店員に代わってもらうと電話はプツリと切られるという。

 こうした電話をかけてくるのは決してひとりだけではない。たいてい朝方から夕方の日中に非通知設定でかけてくるとか。迷惑極まりない行為だ。

◆“出禁”になった男性

 ネットカフェでは、各ブースから料理の注文などができる。60代の男性から注文が入り、小川さんが席まで運んだときのことだった。

「お料理お持ちしました、お開けしてよろしいでしょうか」

 声をかけると返事があったので扉を開けた。すると、目の前には衝撃の光景が。60代の男性が下半身を露出しており、それをおもむろに見せつけてきたという。小川さんは驚きのあまり言葉を失った。実はこの客、2〜3年前に店を“出禁”になっていたそうだ。同じ手法で女性店員や客に対して嫌がらせを行っていたことなどが原因だという。そう遠くはない未来に、再び出禁になること間違いなしだ。

◆監視カメラの死角となる場所で…

 小川さんが「今まででいちばん気持ち悪かった」と話す事件がある。ドリンクバーの清掃をしていると、遠くの方から女性店員の叫び声が聞こえてきた。

 すぐさま駆けつけると、通路には裸体の女性の写真が丁寧に並べられていたのだ。よく見ると、それは雑誌の切り抜き写真で、店内には置いていない雑誌のものだった。わざわざ持ち込んだのだろうか。

 写真が置かれていたのは、監視カメラの死角となる場所。映像を確認しても犯人の姿はうつっていなかったというので、おそらく確信犯だろう。

◆日々のセクハラにも「慣れた」と語るネットカフェ店員

 前述した明らかな「公然わいせつ」客もそうだが、警察へ突き出すことはしないのか。

「セクハラがとても多いので、いちいち言うのも面倒。バイトを辞めるか、我慢するしかないんです」

 モンスター客の接客に苦労している様子の小川さんだが、「今ではもう慣れたので適当に相手しています」と、なかば諦めているのか呆れた顔で言った。

 こういったセクハラまがいの行為をしてくる客への対応については、「とにかく反応しないこと」がキモなんだという。気持ち悪がったり、怖がったりすると相手の思うツボになってしまうからだ。できるだけ冷静につとめることを心がけているとか……。<取材・文/桃沢もちこ>【桃沢もちこ】
愛知県出身、'93年生まれ。好奇心旺盛の雑食オタクライター。主にアイドルを追っかけてます。趣味はサウナ、旅行、飲酒、カルト映画など。アングラカルチャーが好きです。Twitter:@mochico1407