“元祖ゲス不倫”宮崎謙介元議員が30代独身女性と《4年ぶりゲス不倫》 1500通でじっくり誘惑「独り占めのつもりです」 から続く

【写真】この記事の写真を見る(10枚)

 育休取得を宣言していた中で不倫が発覚し、2016年、衆議院議員を辞職した宮崎謙介氏(39)。現在は実業家として活動する一方で、テレビ番組に頻繁に出演するなど、妻の金子恵美元議員(42)と共に“不倫を乗り越えた夫婦”として様々なメディアに登場している。

 金子氏は出演するテレビ番組で「(不倫を乗り越えて)宮崎は変わった」とたびたび語り、今年10月には著書『許すチカラ』(集英社)を出版。「妻として母として女として--許すことで私は幸せになれた」と綴っている。


宮崎夫妻(2016年) ©文藝春秋

「人間としての欲が勝ってしまった」

 2016年の会見で宮崎氏はこう語り、不倫をきっかけに議員辞職までしたわけだが、やはり「人間としての欲」には抗いきれなかったようだ。あれから4年半、彼は再び家族を裏切っていた。宮崎氏と1500回以上メッセージをやりとりし、今年10月、ホテルで密会をしたA子さん(30代)が「文春オンライン」特集班にその胸中を語った(#1よりつづく)。

《口説いてるよ、じわじわと》

 中国地方で医療従事者として働くA子さんは、今年6月、宮崎氏とSNS上で連絡をとり、親しくなった。当時、コロナ過での激務のため、ギスギスした職場の人間関係に悩んでいたA子さんは、宮崎氏の励ましの言葉に救われる思いがした。複雑な家庭環境で育ったA子さんは「家庭の愛がわからない」「誰かに必要とされたい」といった思いが人一倍強かったという。

 #1で詳述した通り、A子さんは自身のつらい過去を宮崎氏に打ち明け、宮崎氏がそれを受け入れてくれたことから恋に落ちた。宮崎氏もA子さんに《可愛いね》《会いましょう》《甘やかせてくれよ笑 優しいボインは最強ね》(8月15日)などのメッセージを送り、8月18日にはLINEの通話機能を使い1時間にわたって直接話を交わした。

「翌日には『スッキリ眠れたよ』ってメッセージがきました。私はこの頃は宮崎さんにはまっていたと思います。9月の彼と約束した日に仕事の休みを申請して、その申請が許可されたことを宮崎さんに報告すると、とても喜んでくれました。ダイエットも頑張りました。宮崎さんは『見た目とかそういうんじゃなくこの数日の優しさに惹かれてるの』(8月21日)ってメッセージを送ってくれて。それでいっそう彼のことが好きになりました」

 だが、A子さんが本気になった8月末、これまで迫ってきた宮崎氏からの連絡が何故か徐々に減っていき、会う約束も一度は流れてしまったという。

「人としての欲」を抑えたかに見えた宮崎氏だが……

《ごめんなさい(略)色々複雑だから、やめときましょう》(9月14日)

《おこんないでよ》(9月14日)

「多分、私のことが煩わしくなったんだと思います。『本当にあえるの大丈夫?』『ご家族を大事にしてください』って送ったら『毎日それ聞いてない?』っていわれて、そこから連絡が少なくなったので。私としては、奥様との家庭がうまくいってるのなら、変なことはしたくなかった。その確認もあって送ったのですが……。会うことなく失恋した感覚になって。気持ちもかなりへこんでいて、宮崎さんにも必要以上にメッセージを送ってしまいました」

《さみしいよぉ》《ひど》《おこ》《もういいよ》(9月14日)

 一時は「人間としての欲」を抑えたかに見えた宮崎氏だが、その呪縛からはなかなか逃れられなかった。3日後、A子さんが《宮崎さんに振られちゃったから欲求不満だわ》《宮崎さんは欲求不満とかなさそうですね》と送ると、再び返信がきたという。

《不満だ》(9月17日)

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」スラムダンクの名言まで

「言い訳くさかったのですが、(会う約束を反故にしたのは)前回の文春さんの不倫記事以降、人を信用できなくなっているからと言っていました。それから、また『会いたい』とメッセージが届いたり、私の写真を送ったりするようになったのですが、このまま会えないまま、仮想恋人みたいにメッセージだけやりとりするのが虚しくなってきたんです。そのことを伝えたら、『あきらめたらそこで試合終了ですよ…?』っていう『スラムダンク』の安西先生のセリフの1コマが送られてきました。

 安西先生は彼のテッパンネタなのか、別の日にも同じ1コマが送られてきました」

A子さんは一度東京へ行くことに

《俺も会いたいって思ってるさ それがすぐにじゃないだけだよ》(9月25日)

《東京にいてくれたらなー》(9月26日)

 A子さんは、東京に一度遊びに行くことにした。連日の病院勤務でストレスが限界だったことに加え、宮崎氏の気持ちがどうなのか確認したい想いもあった。9月29日、宮崎氏に東京行きを伝えると、彼はすぐに返信してきた。

《来い来い!》(9月29日)

《何時に東京くるの?》《チェックインは15時?》

「東京に行くことを伝えると、私のことを会う前にもっと知りたいって、出身地などいろいろ聞かれました。以前から伝えていたこともあるのだけど、何故かもう一度聞かれて。東京に行く前日にもメッセージが来て、フライト時間とか、ホテルのチェックイン、チェックアウト時間なども聞かれました。てっきりずっと一緒にいてくれるものだと思っていたのですが……」

精一杯背伸びをして一泊6万円のホテルを予約

 10月21日、A子さんは港区にある高級ホテル「コンラッド東京」にチェックインした。Go Toトラベルの割引制度を利用し、案内された部屋は1泊6万円超の高層階のエグゼクティブフロア。東京の街が一望できる高級フロアだった。

「彼が部屋に来るまでのやりとりはずっとLINEでした。スタンプを送っては消しての繰り返しで、来る途中もどこかで自分が尾行されていないか、とても警戒している様子でした。

 彼がホテルに着くと電話が鳴って、何号室?って聞かれました。急な到着にアワアワしていたら部屋のインターホンが鳴って、宮崎さんが現れました。『ヤッホー』みたいな軽い感じで、『やっと会えましたね』って。それで『景色いいね〜』『初めて来たよ〜』と言いながら部屋を回ると、そのままベッドに横になって『マッサージしてよ〜』と」

30〜40分で一方的に満足するとグーグー寝て、帰って行った

 A子さんがマッサージをすると宮崎氏はヨダレを垂らし寝始めた。それから背中をさすると、起きて、子どものように甘えだしたという。そんなやりとりを30分近く続けていると、突然宮崎氏のスイッチが入り、自分からズボンを脱ぎだしたという。

「そこからは、『触って』という感じで彼のリードではじまりました。もともとその気だったのか、財布にはコンドームがはいっていて、『家から捜して持ってきた』といっていました。30〜40分後、一方的に彼が満足すると力尽き、またグーグーと寝てしまいました。1時間くらいは寝ていたと思います。話はほとんどしなかった。

 17時30分、目を覚ますなり、ズボンや服を着て、『息子にご飯をつくらなきゃ』って、部屋を出ていきました。宮崎さんはお子さんを凄いかわいがっていて、『自分の分身だ』ってよく私にも言っていましたし、我慢しました。夜中にはまた戻ってくると約束したのですが、結局彼は戻って来ることもなく、連絡もなく、ずっと放置されていました」

 翌朝、ホテルで待ち続けたA子さんは、宮崎氏との過ちに後悔を感じていた。自ら東京に来てしまったことへの自責の念もあった。だが、宮崎氏のその後の態度はA子さんにとっても想定外だった--。

 11月27日(金)21時30分から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

「女性とホテルでお会いしたことは事実です」宮崎謙介氏は直撃取材に…《4年ぶり2度目の不倫発覚》 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))