「不況こそチャンス。今後はアパレル事業にも力を入れていきたい」

 ニトリホールディングスが6月25日に発表した3〜5月期の決算では前年同期比3.9%増となる売上高1737億8000万円。緊急事態宣言下の「外出自粛」期間中も、収納やオフィス家具などが好調で増収増益を実現。2021年2月期も34期連続となる増収増益を計画している。

 多くの企業が新型コロナウイルス感染拡大の余波を受けるなか、なぜニトリは「ひとり勝ち」できるのか。「文藝春秋」8月号の対談連載「有働由美子のマイフェアパーソン」で有働由美子さんが創業者の似鳥昭雄会長に迫った。


ニトリHDの似鳥昭雄会長

◆◆◆

「家内の一言で、ハッと気づきました」

似鳥 この数カ月、家にいたからこそ、できた発見もありますね。

有働 例えばどんなことですか。

似鳥 家内に「シーツを取り換えるのがとにかく大変だから、もっと伸びるシーツはないの?」と言われて、「あっ!」と。実は既にあったんですよ。でも、そこをPRしていなかった。調べてみたら、そのシーツは取り扱いのない店舗もあるし、置かれている店舗でも、目立たないところに陳列されていました。今は全ての店舗で目立つところに置くように改善したので、売上はグンと伸びるはずです。

 ニトリでは約1万4000ある商品の半数を、新規開発などしてどんどん入れ替えています。でも、商品を作って終わりで、売り方を考えていなかった。家内の一言で、ハッと気づきました。

有働 自粛生活の中で、それまで気づかなかった商品のウリが見えてきたのですね。

コロナが落ち着いても、出張は半分に減らす

似鳥 僕はこれまで1年の半分は海外に行っていましたから、それがなくなった分、時間ができたので今まで人に任せていたことも含めて会社の実態を隅々までチェックしてみたら、「ムダ、ムラ、ムリ」が山のようにあって、それをずっと放置していたことにも気づきました。これは最大の発見でしたね。

有働 「ムダ、ムラ、ムリ」の「三つの“ム”」は避けなければいけない、と(笑)。

似鳥 例えば、海外出張。これまで商品部の半数にあたる約300人が商品開発のために月に1〜2度、年間約1万3000日も海外出張をして打ち合わせを重ねていました。今は、それを全てオンラインに切り替え、コミュニケーションなど工夫しながら商品開発をしています。今までの出張にムダがなかったか見直すべきです。ですからコロナが落ち着いても、出張は半分に減らせ、と言っています。経費としては年間数十億円ぐらい浮くんじゃないでしょうか。時間も随分浮くと思いますよ。

有働 それは大きいですね。そのムダな出張の中には、会長の出張もあったんですかね?

似鳥 はい、そうです(笑)。家内に言われました。「あんたの出張は遊びに行っているようなもんだ」と。コロナは大変でしたけど、創業の精神に立ち返って、もう一度ニトリをゼロから再構築する機会になりました。会社にとっても、私にとっても悪いことばかりではなかったと思います。

◆◆◆

「文藝春秋」8月号および「文藝春秋digital」掲載の対談「コロナでムダ、ムラ、ムリがわかった」では、コロナ後の世界経済の見通しや、今後のニトリをゆだねる後継者、アパレル事業の勝算などについて似鳥氏が詳細に語っている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年8月号)