フルワイヤレスイヤホンが欲しい! 後悔しないため、購入で絶対にチェックしたいこと

写真拡大 (全3枚)

最近のスマートフォンは有線イヤホンが挿せない機種が増えています。
いざスマートフォンを買い換えて、旧モデルから音楽ライブラリを移したり、ストリーミングサービスを利用したりしようとして、今まで使っていた有線イヤホンが挿せないことに気がついた、そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。

有線イヤホンがスマートフォンに直接挿せなくなったことで、かわりに選ばれているのがワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンは、以前なら高価な周辺機器として中々手が出せませんでした。
しかし有線イヤホンが挿せないスマートフォンが増えて、ワイヤレスイヤホンの価格は一気に下がり、最近では1,000円前後から購入することも可能になっています。

そんなワイヤレスイヤホンの中でも現在、もっとも注目を集めているのが「フルワイヤレスイヤホン」です。

イヤホンの左右を繋ぐケーブルが無い真のワイヤレスステレオイヤホン=True Wireless Steleo を略し「TWS」とも呼ばれています。

Appleの人気イヤホン「AirPods」が、まさにフルワイヤレスイヤホンで、次に買うならフルワイヤレスイヤホンと思っている人も多いでしょう。

フルワイヤレスイヤホンも人気に火が付いた後、通販サイトを中心に数千円台から購入できる安価なモデルが登場し、選択肢が広がってきています。
しかし、ワイヤレスイヤホンには弱点もあります。
・フルワイヤレスは電池持ちが悪い
・音が途切れやすい
こうした評価もあり、手が出せないといった声も聞こえてきます。

では、どのような製品を選べばいいか?

そこで今回は、フルワイヤレスイヤホンの選び方を解説していきます。


○音の途切れは「高いモデルほど途切れない」と覚えておこう
フルワイヤレスイヤホンで最も心配なのが「音の途切れやすさ」です。

気持ちよく音楽を聴いている最中に片側から音が聞こえなくなった、これではせっかくの気分も台無しです。

実際、フルワイヤレスイヤホンが登場した当初は「すぐに途切れてしまって快適に聴けない」という声が多くありました。
新しいもの好きの筆者もフルワイヤレスイヤホンが登場した当初から様々な製品を試してきましたが、出た当初多くの製品は本当に途切れやすく実用に耐えうるものは少ないといった印象を受けたのも事実です。

しかしながら、ここ最近で販売されている製品は、課題だった音の途切れやすさの問題を大きく改善しています。




例えば、途切れづらいフルワイヤレスイヤホンは、
「スマートフォンから左右のイヤホンに、同時に音声を飛ばす」
このような仕組みになっています。

以前のフルワイヤレスイヤホンは、左右の音声を一旦、片側にまとめて送った後、もう片側に必要な分だけを送るような仕組みでした。
この方式では電波や電磁波を通しづらい人間の頭が左右のイヤホン間の通信を遮りやすく、どうしても片側だけ音が出なくなる、途切れてしまうといったトラブルが発生しやすかったのです。

左右へ同時に音声を飛ばす方式は大きく分けて
・メーカー独自方式
・Qualcomm TWS Plus
このふたつが有名です。

Qualcomm TWS Plusの場合は対応するAndroidスマートフォンが必要になりますが、メーカー独自方式は、どのAndroid、 iPhoneであっても利用できます。

フルワイヤレスイヤホンを購入する際にパッケージや商品紹介ページなどを見れば、
・「左右に同時転送」といった文言
・規格や方式について明記
このように転送形式がわかるように表示されている製品を選ぶのがオススメです。


○連続再生時間とケースのチェックも大事
もう1つのフルワイヤレスイヤホンの弱点は「連続再生時間」です。

フルワイヤレスイヤホンは、ほとんどが耳栓サイズで、本体が小さいため、どうしても搭載できるバッテリー容量は小さくなります。したがって連続して長時間の再生を行うには不向きです。

フルワイヤレスイヤホンの多くは「連続再生時間3時間」くらいが目安といえます。

ただ表記されている「連続再生時間3時間」という時間はあくまでもスペック上の最大時間となり、再生する音量やノイズキャンセリングなどの付加機能を利用すると再生時間はさらに短くなります。

そこで購入時に必ず確認したいのが「ケース」です。




フルワイヤレスイヤホンは、ほとんどのモデルが充電を行う際に付属のケースに収納して行います。

付属ケースにはバッテリーが内蔵されているため、外出中や移動中にイヤホンをケースに収納することで、イヤホンを充電することができます。

つまり、付属ケースに「9時間分のバッテリーを内蔵」と書かれていれば、本体のバッテリーと合わせて12時間の利用が可能となります。

通勤や通学で片道1時間、往復2時間の利用であれば週に5日使っても利用時間は10時間ほど。本体と付属ケースのバッテリーの再生時間が10時間を超えるモデルを選べば、一週間は本体とケースだけで利用できることになります。

このほかにも音質や操作方法といった選び方もありますが、
・左右で途切れにくい
・本体+ケースの再生時間
この2点が、購入後の満足度に大きな差がでるポイントです。

ぜひ、今後フルワイヤレスイヤホンの購入を考えている人は、この2点に注意して選んでみるといいでしょう。


執筆 迎 悟