JR東海・JR西日本・JR九州の3社は2018年7月より整備を進めてきた新幹線車内無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」の整備が2020年3月30日に完了すると発表しました。

これにより東海道・山陽・九州新幹線の全列車で同サービスを利用できるようになりますが、九州新幹線のうち川内駅〜鹿児島中央駅間のトンネル内(2020年2月21日時点)や携帯電話のエリアが届いていない箇所では利用できません。

【関連記事】
九州新幹線携帯電話サービスエリア拡大 川内駅まで通話可能に 1/31
https://tetsudo-ch.com/10028134.html

関連するサービスとして、東海道新幹線では「のぞみ」停車駅である東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪の各駅と訪日外国人の利用が多い小田原駅のホーム上に、3月末までにアクセスポイントを設置し、異常時の情報収集を容易にします。

廃止になるサービスもあります。Twitter上における「Shinkansen Free Wi-Fi」の利用日のお知らせは2020年2月28日(金)をもって配信を終了。通信事業者と契約している利用者向けの「車内公衆無線LANサービス」も2020年3月31日までの提供となります。

東海道新幹線では、1985年より車内テロップでニュースを提供してきましたが、今回のFree Wi-Fi整備に伴い乗客自身が手持ちのスマートフォンで情報を取得できる環境が整ったとし、2020年3月14日(土)をもってニュース情報の提供を終了。今後は日本語及び英語による新幹線の利用案内を充実させていきます。

鉄道チャンネル編集部