レオナルド・ダ・ヴィンチの創造性の裏には、ADHDという側面があった?


 医療の世界は“不思議”があふれている。医療従事者にとっては当たり前でも、一般の人には初耳の理解できないことばかり。そこで、水戸協同病院 研修医、東北大学メディカル・メガバンク機構 非常勤講師の光齋久人氏が、医療についての正しい知識を分かりやすく解説する。今回はADHDを取り上げる。(JBpress)

 レオナルド・ダ・ヴィンチは注意欠陥多動性症(ADHD)だったかもしれない――。

 英キングス・カレッジ・ロンドンのMarco Catani氏らが、5月23日の『Brain』誌オンライン版にてセンセーショナルな論文を発表しました*1。

 レオナルド・ダ・ヴィンチといえば、イタリアのルネサンス期を代表する、言わずと知れた歴史上の巨人です。「モナ・リザ」や「最後の晩餐」など人類史に残る絵画をいくつも残しました。

 さらに、ダ・ヴィンチの本当にすごいところは、その活動が芸術の分野だけにとどまらなかったことです。「ウィトルウィウス的人体図」に代表される解剖学への造詣の深さや、ヘリコプターや戦車の概念を生み出す科学者としての一面をも持ち合わせていました。

 一方で、ADHDは不注意症状と多動性・衝動性症状を主徴とする疾患です*2。原因は不明ですが、一定の割合で遺伝的な影響もあるものと考えられています*3。小児の約3〜5%にみられ、約半数が4歳までに発症します。男児が多く、症状は年齢により変化しますが、多動は小学校低学年頃に最も顕著となります。一方で、不注意や衝動性は比較的持続する傾向にあるようです。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

仕事への取りかかりの悪さ

 さて、ダ・ヴィンチとこのADHDにどのような関係があるのでしょうか。

 ダ・ヴィンチは先延ばし癖があることでもよく知られています。1478年に画家として請け負った教会の祭壇画は、前金をもらっていたにもかかわらず、結局完成させることができませんでした。かの有名な「モナ・リザ」も未完の作品です。1503年から描き始め、亡くなる1519年まで書き続けていたものの、結局ダ・ヴィンチの納得いく完成には至りませんでした。

 この先延ばし癖はADHDの症状のひとつ、報酬系の障害と考えることができます。報酬系は、行動を行う際の動機づけをする脳の働きです。

 先日、小児科外来で出会った小学生の女の子は、なかなか宿題ができないことに困っていました。宿題をやらなければならないことは分かっています。だから、いつも寝る前になって宿題ができていないことに焦り、泣きながらやり始めるというのです。

 あるとき見かねたお母さんが、宿題ができるまで机に座ってみるように提案しました。女の子は素直に自室の学習机に座って宿題を開きましたが、じっと自分の指先を見たまま取りかかれない様子でした。家事があったため、お母さんは一度部屋を離れました。4時間後、食事の準備ができて部屋に呼びにいったところ、女の子は4時間前と同じ姿勢で、じっと自分の指先を見つめていたそうです。

 ADHDではしばしば、このような取りかかりの悪さが見られます。まさに、ダ・ヴィンチがなかなか仕事に取りかかれなかったという史実と合致します。

正確に測定できない知能

 また、Catani氏らはダ・ヴィンチの多彩な創造性もADHDによるものではないかと考えています。移り気で思考がさまようような不注意さは、うまく働けばクリエイティビティやオリジナリティを生む原動力になり得ます。落ち着きのない多動性は、いつも新しいものを探し何かを変えていく働きとなり得るでしょう。

 疾患として捉えていたADHDの症状も、こう考えなおしてみると「おや?」となりませんか? 私はこれらの症状はまさに、現代の成功哲学のひとつではないかと思うのです。

「僕は、たった一つしか目標を持っていない。毎日毎日、違う自分になること。これは“試すこと”を続けなければならないということだ。そして試すこととは、あっちにぶつかりこっちにぶつかり、試行錯誤を繰り返しながら、それでもどうにかこうにか、手当たり次第に、あれこれやってみるということだ」(デイル・ドーテン著『仕事は楽しいかね?』より)

 ADHDは必ずしも知的な能力が下がる疾患ではありません。むしろ、見かけ上の知性が低く評価されてしまうところに大きな問題があります。

 知能指数を測ろうとしても、不注意性のためケアレスミスを頻発してしまい、正確な数値を出すことが難しいのです。また、しばしば合併する書字障害のため、テストそのものが困難であったりもします。ダ・ヴィンチも、手稿の中に多くの鏡文字やスペルミスを認めるため、書字障害があったのではないかといわれています。

未来の「ダ・ヴィンチ」を育てられるか

 ADHDの治療は、主に4つの柱で構成されます。「親ガイダンス」「学校との連携」「子どもとの面談」「薬物療法」です。ADHDの子どもは家庭内だけではなく、学校や医療機関が適切に連携することによって育てていく必要があるのです。

 ADHDの子どもの報酬系を適切に育むための行動療法として、Daily Report Card(DRC、がんばりカード)があります*4。毎日の生活に複数の目標を定めて、日々それらが達成されたかを子どもと一緒に確認します。うまくできたときはご褒美をあげることで、報酬系の強化を試みる療法です。

 このような行動療法は、すぐに結果が出るものではありません。両親、学校がしっかりと連携して、辛抱強く行うことで次第に効果が現れてきます。

 ADHDの子どもを育てるためには、多くの大人の理解と多大な労力が必要です。そしてそれは決して、両親と教員だけの仕事ではありません。私たちの社会は、社会全体としてADHDをもつ子どもたちに理解と受容があるといえるでしょうか。

 果たして、現代日本に「ダ・ヴィンチ」が生まれたとき、歴史上に名を刻む偉人へと成長することができるでしょうか。その答えは、私たち大人のこれからの努力の中にあるのかもしれません。

*1:Brain 142(6): 1842-1846, 2019
*2:『最新ガイドライン準拠 小児科診断・治療指針 改訂第2版』
*3:Nature Genetics 51(1): 63-75, 2019
*4:NPO法人 くるめSTP(http://www.kurume-stp.org)

筆者:光齋 久人