日本代表とウルグアイ代表の「推定市場価格」を比較【写真:AP & Getty Images】

写真拡大

DFヒメネスが85億円と断トツ スアレス&カバーニを含めて15人が10億円超

 森保一監督率いる日本代表は現地時間6月20日、コパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグ第2戦でウルグアイ代表と対戦する。

 南米屈指の強豪は、バルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとともにプレーするFWルイス・スアレス、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)のダブルエースを筆頭に、DFホセ・ヒメネスとDFディエゴ・ゴディン(ともにアトレチコ・マドリード)など実力者がズラリと揃う。今大会の優勝候補とも言われるだけに、日本に容赦なく襲い掛かってくるだろう。

 最新のFIFAランキングでは、ウルグアイが8位、日本が28位。さらに、ドイツ移籍情報サイト「transfermarkt.com」が移籍金や活躍度、年齢などを踏まえて総合的に算出している選手の推定市場価格を見ると、その“格差”は10倍以上にのぼる。

 ウルグアイのトップはヒメネスだ。2014年のブラジル・ワールドカップでは19歳にして全3試合に出場するなど、早くから代表で実績を積み、今年6月にはアトレチコとも2023年まで契約延長。世界を代表するDFの1人は、85億7500万円とスアレスやカバーニを大きく上回る値が付けられている。

 2位は名門アーセナルで今季主力を張ったMFルーカス・トレイラの67億3800万円。スアレスは61億2500万円で3位、もう1人のエースであるカバーニは49億円で4位タイとなった。今季限りでアトレチコ退団が決まったゴディンは24億5000万円で、フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)と同率の8位タイにランクインしている。

 10億円超えはチリ代表が5人だったのに対し、ウルグアイは実にその3倍の15人。右足ハムストリングの負傷で離脱が発表されたMFマティアス・ベシーノ(インテル/28億2000万円)を含めたコパ・アメリカメンバー全23人の合計は556億となった。

森保ジャパンの全員総額でもヒメネス、トレイラ、スアレス1人に及ばず

 一方、日本代表のトップは日本の「10番」を背負うMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)の30億6200万円だ。今年2月にポルトガル1部ポルティモネンセからカタール1部アル・ドゥハイルへ完全移籍。森保ジャパンでも圧倒的な個の力で攻撃を牽引し、チーム唯一の10億円超えを果している。

 ベテランのFW岡崎慎司(レスター)が4億9000万円、MF柴崎岳(ヘタフェ)が2億4500万円、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)とDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が1億2200万円、DF冨安健洋(シント=トロイデン)が1億1000万円と続き、“1億円プレーヤー”はここまで。スペインの名門レアル・マドリードへの移籍が決まった18歳MF久保建英(FC東京)は6000万円で16位にランクイン。GK小島亨介(大分トリニータ)、MF松本泰志とGK大迫敬介(ともにサンフレッチェ広島)、FW上田綺世(法政大)の4人が最も低い600万円という評価だった。

 チーム単位で登録メンバーの総推定市場価格を見ると、日本の49億7900万円はウルグアイの11分の1以下。カバーニ1人とほぼ同額、スアレス、トレイラ、ヒメネスは1人で日本の23人をはるかに上回る評価となっている。

 実力、市場価格ともに格上だが、日本代表は昨年10月の国際親善試合(4-3)に続き、南米の地で白星を挙げられるだろうか。(Football ZONE web編集部)