韓国性接待疑惑で浮上した日本人実業家と女優妻とは

写真拡大

 世界的なK−POP人気を牽引してきたBIGBANGのスンリ(韓国ではV.Iで活動=29)に持ち上がった数々の疑惑に韓国社会は騒然だ。

 スンリは出資したソウルのクラブ「バーニングサン」を舞台にした売春斡旋のほか、海外賭博、麻薬使用、脱税などが疑われ、現地警察の取り調べを受けている。騒動の責任を取る形で3月11日に芸能界引退を宣言、3月25日に予定していた徴兵制による軍入隊も延期を余儀なくされた。


 この騒動に突如浮上したのが、日本人実業家と女優として活躍する妻だ。現地ニュース番組「ニュースA」(チャンネルA)がバーニングサンも立地する江南エリア一帯でビジネスを展開する実業家の証言として、「日本の建設会社K社の関係者たちが韓国を訪問すると、V.Iがバーニングサンで接待し、性売買を目的に韓国女性らを日本に送った」と報じたのだ。売春女性の海外派遣や具体的な金額も明かし、衝撃が広がった。

 その後放送された「SBS8ニュース」はスンリと関係者のSNSグループチャットの内容を報道。それによると、スンリは2015年11月、「『A会長』がいらっしゃるから、格別に準備しろ」「『A会長』にもらった分を100倍にして返そう」と書き込んでいた。「建設会社K社の関係者」「A社長」とは誰なのか。

・合わせて読みたい→
日本人男性が異常にモテる意外な国とは 顔のコンプレックスが大きな魅力に(https://cocokara-next.com/topic/witch-country-japanese-men-be-popular/)

「KRH代表取締役社長の青山光司氏とみられています。女優の観月ありさとの再婚の際にバリ島で開かれた披露パーティーにV.Iも出席していて、青山夫妻とはビジネスも絡んだ家族ぐるみの付き合いのようです。青山氏はV.Iが経営するラーメンチェーン『アオリの神隠し』の事業パートナーでもあり、KRHは『アオリの神隠し』を商標登録しています」(韓国メディア関係者)

 青山氏は自身のSNSにたびたびスンリと撮った写真をアップ。韓国滞在中にスンリとホルモンを食べたとか、観月を交えてスキーを楽しんだ様子なども公開していた。V.Iはビジネス協力の見返りに青山氏に性接待を提供したのか、あるいは遊びの延長の悪ふざけなのか。観月はすべてを知っているのか。

 いずれにせよ、無傷ではいられなさそうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]