サラリーマンだって応援されたい

スポーツの秋。暑い夏が終わり、気持ち良く体を動かせる季節。プロ野球もいよいよ大詰めを迎えたが、グラウンドで熱戦を繰り広げる選手達に負けない存在感を見せているのがチアガールだ。

スポーツのシーンではチアガールが選手達に熱いエールを送る。そんな声援に後押しされて選手達は実力以上のパフォーマンスを発揮出来るのだ。応援してくれるチアガールがいて、選手達は気持ちよくプレーする。スポーツ選手を羨ましく思う人も多いのではないか。

我々、サラリーマンだって誰かに応援されながら仕事がしたい。誰かが応援してくれればきっと、いつも以上に頑張れるのではないか。

そこで今回は「サラリーマンが、チアガールに応援されたら実力以上のパフォーマンスが発揮出来るのか」を検証するために現役サラリーマンの寺井さんにご協力頂いた。寺井さんは某企業で実際に営業マンとして働いている。

寺井さんには普段通りの日常を過ごしてもらい、チアガールに応援されることでどれくらい仕事のパフォーマンスが上がるのかを確認してみたい。早速、密着取材してみよう。

就寝中の寺井さん。最近は「寝ても疲れが取れない」とよくボヤいている。
毎日遅刻ギリギリの時間にしか起きられないそうだ。

朝になり、セットしたアラームが鳴り響く。気分は最悪だ。
一般的なサラリーマンにとって一番嫌な時間とも言える。
ではそんな憂鬱な時間に、チアガールを投入してみよう。

「起・き・て!た・け・し!起・き・て!た・け・し!」

ちなみに「たけし」は寺井さんの名前である。

眠りから覚めたミイラのごとく、寺井さんがカッと目を見開いた。


信じられないことに、意外とスッキリ目覚めたらしい。

いやー、こんなに華やかなチアガール達に囲まれて応援されると、『グズグズしてられないな』と気持ちが切り替わります。今日は頑張ります!

なるほど。やはりチアガールに応援されることでパフォーマンスは向上するのかもしれない。

今度は通勤だ。満員電車に揺られて会社に向かう。
この起床から通勤までの時間に、サラリーマンのストレスの半分以上が生まれると言っても過言ではない。

そこでチアガールの投入だ。
暗い満員電車がパッと華やかになったように見える。


いつもは苦痛でしかない満員電車ですが、今日はウキウキで出勤出来ました。応援してくれる人がいるっていうのはやはり良いものですね。ただ心なしか周囲の人が、私の事を睨んでいるような気がします



もちろん出社する時もチアガールは応援してくれている。
寺井さんの顔がいつも以上にやる気に満ち溢れているのがわかる。

そして朝礼。売上数字が達成できていない事を部長が怒りだした。

「君ィ!やる気が無いのなら帰りたまえ!」

「はい!喜んで!」

そう言ってしまいたいところだがサラリーマンの世界は厳しい。
もし本当に帰ってしまったら次の日から会社で居場所が無くなってしまう。
精神的に辛い場面こそチアガールの投入だ。



寺井さんを見かねたチアガールが応援に駆けつけてくれた。一瞬心が折れかけた寺井さんも、チアガールの応援によって笑顔を取り戻した。

「ファイト!た・け・し!ファイト!た・け・し!」


大丈夫です!頑張ります!

やはりチアガールの応援は頑張る力を与えてくれる。
こうなると福利厚生として企業が積極的に採用した方が良いのではないか、とも思える。

部長の心証は悪くなったかもしれないけど。


デスクワークに励む寺井さん。今日の午後、大事なプレゼンがあるので資料をまとめている最中だ。応援してあげよう。



部長もいよいよ難しい顔をしている。
果たして寺井さんのパフォーマンスは向上するのだろうか。


応援する声がうるさくて集中出来ません

なるほど。デスクワークとチアガールはあまり相性が良くないのかもしれない。


ちなみにチアガールはトイレの時間だって応援してくれる。

「がんばれ〜〜〜!たけし〜〜〜!」

「何をかんばったらいいんだろう…」

トイレも、チアガールとは相性が良くないかも知れない。


そして続いてはランチの時間。
他の社員が楽しそうに食事をしているのを横目に、普段の寺井さんは時間がないため一人で食事をしている。

ただし今日は違う。
チアガールが応援してくれていることで、ランチの時間が格別に楽しくなる。




ピザを1人前、お願いします!

「私も!」

「私も〜〜!」

次々に運ばれてくるピザ。
応援だって体力が勝負。チアガールもしっかり食べねばなるまい。

「どんどん食べて〜〜!」

「お口を開けて!イェーイ!」

こんな風に応援されながらのランチで気分をリフレッシュして、気持ちよく午後の仕事に取り掛かることが出来るはず。


食事は賑やかな方が良いなと思っていましたが、これは賑やかすぎです

1ヶ月分のランチ代を1回の食事で使ってしまったらしい。


そう。タクシーに乗る時だってもちろんチアガールはついてくる。

結局、1台では乗り切れず、2台に分乗することになった。
当然タクシー代は2台分を払う羽目になる。


そして本日の勝負どころ。得意先のプレゼン。
この日のために社員一丸となってプロジェクトに取り組んできた。

クライアントも真剣な顔をして聞いている。プレゼンはいよいよクライマックスに近づく。そしてクライマックスと聞いて黙っていられないのがチアガールだ。

クライアントが完全にチアガールに気を取られてしまった。
結局寺井さんの話は印象に残らず、プレゼンは失敗に終わってしまったのである。





キサマ〜〜〜!なぜ大事なプレゼンにチアガールを連れてきたんだ!説明したまえ!


プレゼンを成功させるために盛り上げようとしたんですが、かえって集中出来なかったようです


言い訳をするな!!!


えー!説明しろって言ったのに!

「説明しろ! → 言い訳をするな!」のコンボのように、サラリーマン社会には理不尽なことも多い。朝に比べると寺井さんの心がかなり折れてきたように見えるので、ここでもチアガールを投入して元気を出して貰おう。

「ビールを飲んで気分転換しようー!!」

「逆境に負けるなーー!」

寺井さんが元気を取り戻したようで良かった。

部長はかなり怒っているように見えるが。


すっかり疲れ果て、飲み会の帰り道にコンビニで息抜きをする寺井さん。


最初は良かったけど、結局チアガールの人達に振り回されちゃったな……

「フレ〜!フレ〜!立・ち・読・み!」

「フレッ!フレッ!立ち読み!」

熟女チアガールの応援は続く。サラリーマンは家に着くまでが仕事なのだ。
ちなみに上司を選べないように、チアガールも指名はできない。この時間は夜勤のチアガールに交替したようだ。


さすがにこれは迷惑です

結局、いつも通り疲れ切ってしまった寺井さん。
家に帰るなり倒れこんだ。寺井さんが寝てしまう前に、今日の感想を聞いてみよう。


いやー、はじめはすごく嬉しかったし、頑張るぞ!っていう気になったのですが、丸一日一緒だとさすがに良いことばかりではなかったですね。周囲の視線が痛いので、チアガールの応援はサラリーマンには向かないのかもしれません

なるほど。応援する人の存在感が大きすぎるのもそれはそれで問題があるようだ。
もう少しひっそり応援してくれる方が良いのかもしれない。

実は、そんな風に丸一日チアガールに振り回される寺井さんを、陰からそっと見つめる女性がいた。チアガールほど派手ではなくとも、彼女は彼女なりに寺井さんを気にかけていたのだ。



そして翌朝、出社した寺井さんに彼女が手渡してくれたのが……、

そう。タフマンだ。

応援はほどほどが良いようだ。
元気は出るが存在感の大きすぎるチアガールよりも、小さくても心もカラダも元気になるタフマンをおすすめしたい。高麗人参とビタミンが入ったタフマンがあなたをタフにしてくれる。


同じ応援でも、これくらい目立たずに応援してくれる方が良いですね

ちなみにロングセラーの「タフマン」に加え、高麗人参、ビタミンB群、ローヤルゼリーのトリプル成分を配合した「タフマンV」、タフマンの10倍高麗人参を配合した「タフマン スーパー」、炭酸タイプの「タフマンDRY」といったバリエーションもある。

タイミングに合わせて自分に合った商品を選ぶと良いだろう。


チアガールは去っていってしまったが、タフマンを飲んで仕事を乗り切って欲しい!


■関連リンク
タフマン商品情報ページ
タフマンYoutubeアカウント

提供:全力コラボニュース(livedoor×タフマン)
※出演:Team Spark、土山茜、互助交通 演出:地主恵亮
構成・執筆:ヨッピー 撮影:大村祐里子 企画:谷口マサト