内村光良・徳永有美夫妻(左)と’16年3月に離婚成立を発表したばかりの宮沢りえ(右)

新緑の風薫る5月のある週末。都内の某名門小学校では、運動会が行われていた。子どもたちの雄姿を見に訪れた父兄の中には、普段は見せないパパ・ママの顔をのぞかせる有名人の姿が。

そんな運動会の様子を、保護者の人たちに取材をしてみると――。応援団の中には、宮沢りえの姿があったという。

「派手な格好ではないのですが、キレイで華奢なので目立ちました。娘さんが幼稚園のころから、運動会などの行事にはたくさん出席されています。

ママ友と和気あいあいな感じで近況報告をしながら、応援をしたり、保護者競技の綱引きに参加するなど、いいお母さんという感じでした」(運動会に参加した保護者)

今年は娘が小学校に進学して初めての運動会。娘の所属する青組の女子が、選抜リレー競技で最下位になると、

「悔しそうな娘さんの額にチュッとキスをして励ましてあげていました」(前出・保護者)

と優しい母の顔を見せていたそう。同じく1年生には、内村光良と徳永有美夫妻の子どももいる。

「ほかの保護者の方とも気さくに話していましたが、おふたり並んで仲よく観戦されていました。内村さんはお仕事があったのか最後まで見られず、途中で帰られたようです」(前出・保護者)

ホンジャマカの恵俊彰は、

「お子さんが2人いて、別の組だったんです。グラウンドの端から端まで移動したり、撮影のために知り合いのグループに入れてもらったりと、せわしく動き回っていらっしゃいました」(別の保護者)

まぶしそうな表情のホンジャマカ・恵俊彰(左)と校庭のすみで笑顔を見せる松平健(右)

双子の父であるコブクロの小渕健太郎も妻といっしょに声援を送っていたそう。

「息子さんの目の下に傷を見つけて、”どうした? 痛くない?”と覗き込んでいいました。心配する姿はすっかりお父さんの顔でしたね」(前出・保護者)

運動会が無事終わると、校庭のすみには松平健の姿が。

「運動会のあと、生徒たちのホームルームを待っていらっしゃいました。息子さんがかけよると、頭を撫でながら”頑張ったか?”と尋ね、運動会の様子を聞きながら、仲よく並んで帰って行きましたよ」(前出・保護者)

結果はさまざまでも、運動会の1等賞は、やっぱり”うちの子”なのかも!?