出生数初の80万人割れで過去最少に…岸田首相「危機的な状況」

ざっくり言うと

  • 2022年に生まれた赤ちゃんの数を示す出生数の速報値が79万9728人だった
  • 出生率が減少するのは7年連続で、80万人を下回るのは統計開始以来初めて
  • 岸田首相は、この件を記者団から問われ、「危機的な状況」との認識を示した
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。