三菱の冷蔵庫「RXシリーズ」

写真拡大

三菱電機は、「節電アシスト」や「らく楽アシスト」機能を搭載した冷蔵庫「RXシリーズ」4機種を、2011年12月1日から順次発売する。

「パワーセーブモード」で最大16%節電

すべての部屋を壁で仕切られた独立した構造とし、各部屋に配置した温度センサーと扉開閉センサーにより、きめ細かい節電を実現した。

「節電アシスト」は、新機能の「部屋別おまかせエコ」でそれぞれの部屋に配置した個別の温度センサーと新たに採用した扉開閉センサーが各部屋の温度をきめ細かく制御し、家庭ごとの扉の開け閉めなどを学習して約10%自動節電。また、使わない部屋は冷気をセーブして最大約16%節電する新機能の「パワーセーブモード」や、運転状況を総合的に判断し、節電の状態を3段階で扉の操作部に表示する「節電モニター」を設置した。

食品を載せたまま棚が回転

「切れちゃう瞬冷凍」は、芯から均一に凍らせて食品の細胞破壊を抑え、おいしく冷凍。「しっかり冷凍」は、部屋別温度センサーでムダなくしっかり冷やす。

食品の出し入れがしやすい冷蔵室[らく楽アシスト]には、新たに扉のタテ・ヨコどこからでも手をかけて開けられる「らく開(あ)きハンドル」をつけた。食品を載せたまま棚が回って奥の食品も楽に取り出せる「回るん棚」や、食品を載せたまま棚が上下して背の高い食品や鍋も簡単に出し入れできる「動くん棚」もついている。

オープン価格。