「Go To」東京だけ除外に疑問の声

写真拡大

赤羽一嘉国土交通相は2020年7月16日に、7月22日からはじまる観光業促進策「Go To トラベルキャンペーン」(以下、Go Toキャンペーン)について、東京都を目的とする旅行、東京都在住者の旅行を対象から外す方針を示した。

東京都の16日の新型コロナウイルス新規感染者数は286人にのぼるなど、増加傾向が続いている。ツイッター上では「東京外し」を評価する声がある一方で、同じく感染者の増加が続く近隣県や大阪府を除外対象としなかったことに疑問の声も聞かれている。

東京以外でも感染者増加

赤羽大臣は16日夕に官邸で取材に応じ、22日から始めるGo Toキャンペーンについて、東京都を目的としている旅行、東京都居住者の旅行をキャンペーンの対象から外し、宿泊旅行業界と旅行者に、具体的な感染拡大防止対策を求めたうえで事業を実施する方針を示した。この案については、同日行われる政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会に提案するとした。

GoToキャンペーンの実施については、感染者が多い都市部から地方部へウイルスを広める恐れがあるとして、反対意見も多く出ていた。全国最多の感染者数を抱える東京都が対象から外されたことについては「現状を考えれば順当」「東京都の現状を直視するならば、当然の判断」と評価する声が聞かれた一方で、「旅行行きたかったなぁ」「使おうと思ってただけにショック」と落胆の声も聞かれた。

ただ、東京都と隣接する各県の16日の新規感染者数は、18時時点のNHKニュースの報道によると神奈川県が47人、千葉県が32人と、いずれも緊急事態宣言解除後で最多を記録。また大阪府でも解除後最多となる66人の感染が確認されるなど、東京以外でも感染が広がっている。こうした事情から「(除外対象を)首都圏にしないと意味なくないか」「大阪除外はしなくて良いのか?」などと、東京のみ「除外」となったことに対する疑問の声も聞かれている。