タレントの花田虎上

写真拡大

 元大相撲の横綱若乃花で、タレントの花田虎上(まさる、49)が10日放送の関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。ペットを飼えなくなった幼少期のトラウマを明かし、共演者を驚かせた。

 番組MCの上沼恵美子(65)からの「お兄ちゃん、犬は好き?」と突然の質問に、戸惑いつつも「好きなんですけど、トラウマで飼えなくなった」と明かした花田。「犬飼いたいって言って、小学校3年のときに犬が来たんです。そしたら、3日後、母親が500円で売っちゃって…」と、母でタレントの藤田紀子(74)の行動を暴露した。

 上沼ら共演者から「あのお母さん、500円で売った?」と驚きの声が上がる中、花田は「それがトラウマで飼えなくなっちゃった。自分で面倒みないとかなんとか言われてしまって…。(そこから犬は)飼ってないです」と明かした。

 ただ、犬以外のペットは飼ったことがあるとし「他のものは飼いました。インコ飼ったり、インコを8羽ぐらい(藤島)部屋で飼ってて」と告白。上沼から「極端やな」とツッコミを受けるも、花田は「それも、ある日、カゴが倒れて逃げちゃったよって言われて…」と結局、インコもすべていなくなってしまったといい、「これは八百長だなと思って」とボヤいて笑わせた。