リヴァプールで巻き起こる南野フィーバー! サポーターが続々と獲得を熱望

写真拡大

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節リヴァプール戦で1ゴール1アシストを記録したザルツブルクの日本代表FW南野拓実が、現地のリヴァプールサポーターに大きなインパクトを与えたようだ。3日にイギリスメディア「ミラー」が報じている。

 この試合でザルツブルクは3−4でリヴァプールに敗れたものの、南野や韓国代表FWファン・ヒチャンのゴールなどもあり昨季CL王者を最後まで追い詰めた。特に、攻撃陣をけん引した南野の活躍は現地のリヴァプールサポーターも舌を巻くもので、数々の賞賛の声がSNS上にアップされている。

「タクミ・ミナミノはリヴァプールに来た方がいい。彼は一流だ」
「リヴァプールは南野を獲得すべきだ!」
「ザルツブルクを引っ張る南野は、(ジョーダン・)ヘンダーソンの後釜にもなり得るだろう」

 思わぬ苦戦を強いられたリヴァプールサポーターにとって、オーストリアで活躍する日本人選手のパフォーマンスは鮮烈だったのだろう。両者の次回対戦はグループステージ最終節となり、混戦となっているグループEの命運を分ける試合になりそうだ。