盗塁を試みたジャイアンツのケビン・ピラー【写真:Getty Images】

写真拡大

ジャイアンツ・ピラーが二塁ベースへ滑り込んだ際にベースが外れるアクシデント

■ジャイアンツ 5-3 ブルワーズ(日本時間15日・サンフランシスコ)

 ジャイアンツ-ブルワーズ戦で前代未聞の珍プレーだ。ジャイアンツのケビン・ピラー外野手が二塁ベースへ滑り込んだ際に、二塁ベースが外れるアクシデントが起き、両軍選手は騒然。アウト、セーフの判定すらも戸惑う珍事に、MLB公式ツイッターは「彼はベースから離れているからアウトだ」とコメントを付けて動画を紹介している。

 ジャイアンツ攻撃中の7回無死一塁で起きた。一塁走者のピラーは左腕・クラウディオの一塁牽制した際に果敢に二塁へスタート。際どいタイミングで勢い良くスライディングした際にベースが外れてしまった。

 タイミングはセーフだったが、ブルワーズ遊撃手のアルシアは慌ててピラーにタッチ。本来の位置にベースがなく、ピラーは両手を広げて審判にアピールした。この珍プレーにファンからは様々な意見が寄せられた。

「足がベースから離れたのならアウト。ベースが足から離れたのならセーフ」

「アウトだと思うけど……野球は面白いスポーツだね」

「リトルリーグで起こるようなことだ」

「彼はベースを蹴っ飛ばした」

「この場合のルールを知らない。毎日新しいことが学べる」

「今までに見たことがない。ワイルドだね」

「危険な状況に思える。このようなことは起こってはいけない!」

「足首を怪我しなくて良かったね」

「絶対にセーフ。彼がベースから離れたのではなく、ベースが彼から離れたんだ」

 注目の判定はセーフ。その後ブルワーズ側はチャレンジしたが、判定は覆らなかった。試合はジャイアンツがブルワーズに5-3で競り勝った。(Full-Count編集部)