相続によって「空き家」を承継した際、今後も誰も住む予定がなく売却する場合には、税金対策できる特例があると相続に詳しいAuthense法律事務所の堅田勇気弁護士はいいます。どのような特例か、詳しく解説します。相続により「空き家」を取得した場合相続によって「被相続人の所有していた自宅」を承継したが、承継した自宅には誰も住む予定はないという場合、その自宅は空き家になってしまいます。このように、空き家を承継した場