ブリヂストンが純損益233億円で69年ぶり赤字に コロナでタイヤ需要減

ざっくり言うと

  • ブリヂストンが16日、2020年12月期の連結決算を発表した
  • 前期は2401億円の黒字純損益だったが、233億円の赤字に
  • 通期の赤字は1951年以来69年ぶりで、コロナの影響でタイヤの需要が減少した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x