お金の管理が苦手なマネービギナーにとって、やりくり上手になり、お金を呼び込むためには、どのように財布を管理していくとよいのでしょうか。

写真拡大

お金の管理が苦手なマネービギナーにとって、やりくり上手になり、お金を呼び込むためには、どのように財布を管理していくとよいのでしょうか。

誰でもすぐできる、財布管理術を紹介します。

財布は「お金の家」! 散らかった状態は、お金が逃げていく!?

お金が貯まらない人に共通することは、財布の中身が整理されていないということです。

金運アップには家の掃除が必要ともいわれているように、財布は「お金の家」でもあるのです。その家が散らかっているのは、運気そのものを上げるどころか下げてしまうほかありません。

また、財布が整理されていないと、今いくら持っているのかも分からず、何となくお金を使ってしまい、気づいたらお金が減っていたという事態になることも。

その他、いつ使うか分からないクーポン券や買い物のレシートも入れっぱなし、ということも多く見られます。

クーポンなどは別に管理する、レシートはできるだけ早く取り出し、家計簿等に記入して早めに処分するようにしましょう。

ビギナーでもできる、お金を呼び込む財布管理術

「財布で金運アップをすること=整理をすること」とも言い換えられるほど、整理は大切です。

財布にお札を入れるときには、金種毎に1万円札、5千円札、千円札それぞれにまとめて順番に収納します。

こうすることでいくらあるのかがすぐに把握できますし、何円札が何枚残っているのかが一目瞭然ですので、使い過ぎ防止にも役立ちます。

クーポン券やポイントカードなどは財布に収納するのではなく、別途カードフォルダーを準備して、そちらで管理しましょう。

慣れないうちは面倒に思えるのですが、財布の見た目がスマートになるだけでなく、ポイントカードなどもカードフォルダーに入れて持ち歩けば、必要なときに使うことができます。

カードフォルダーは100均などで買えますので、準備しておくとよいですね。

財布にはいくら入れておくとよい?

お金はあればあるほど使ってしまうという人の場合、1週間ではいくら必要なのかを考えて、必要な分だけ財布に入れておくとよいでしょう。

いざというときのために、多く持っておきたい人もいるかもしれませんが、マネービギナーにそのようなシチュエーションはあまり起こりえません。

なぜならば、周りにいる仲間はみんな同じような状況だからです。あらかじめ決まっている飲み会や食事会であれば、そのときに合わせてお金を用意しておけばよいのです。

急な飲み会のお誘いの場合、手持ちがないからこそ、参加すべきかどうかを否応なしに考えるようになります。

今その誘いに乗ったら給料日までお金が足りるのか? 本当に参加したいのか?を考えて行動を決めることで、「あの時、行かなかったら……」という後悔もありません。

たかが財布と思うかもしれませんが、使い方ひとつで金運は変わりますし、無駄遣いを減らすこともできます。

お金を呼び込むためにはお金の流れを把握することと、本当に必要なことに使っているのかが大切なポイントになるのです。
(文:飯田 道子(マネーガイド))