7月5日、東京都知事選挙の投開票が行われ、20時に現職の小池百合子氏が2回目の当選確実と報じられた。

投票日は、SNSで特定候補への投票を呼びかける選挙運動は禁じられているのだが、立憲民主党代表の枝野幸男衆議院議員はTwitterにて他のユーザーの

みんみんのほかにもこんなに魅力的なお店が……
多様性ある餃子のまち #宇都宮 (川崎も負けてないけど

というツイートを引用し

#宇都宮 #みんみん で育った私は、18才で #宇都宮 を離れてから仙台でも東京でも餃子専門店を探したが見つからず ラーメンや炒飯、野菜炒めがメニューにあるのは中国料理店 ビールもライスもないのが餃子の店 今もそう思うので全国チェーン「餃子の○将」の名前には違和感 味は好きだけど

とツイートを行った。
宇都宮健児候補の支援を表明していた立憲民主党、その党首が餃子の話題に便乗し「宇都宮」にハッシュタグをつけツイートという行為を疑問視する意見も多数寄せられる。

「投票日にしかける党首の倫理観。これが立憲民主党」
「立憲民主党がどういう集団かよくわかるツイート」
「違法ではないけど脱法ですね。 イメージ最悪です」
「そういう姑息なことする人に応援されてる人というのがよくわかる」
「恥ずかしくないのか」

といったような返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』