ホリエモンvs.田中みな実

写真拡大

堀江氏はツイッターでも批判

 5月10日の「サンデージャポン」(TBS系列・日曜・10:00)では、実業家の堀江貴文氏(47)と、元TBSアナウンサーの田中みな実(33)が“舌戦”を繰り広げた。これが今でも大きな話題になっている。

 ***

【写真】田中みな実、“半裸”写真集が好調

 反響の大きさを証明するように、複数の芸能メディアが経緯を報じたが、いずれも見出しのトーンが異なった。代表的なものをご紹介しよう。出典は全て電子版だ。

▼「田中みな実がホリエモンと真っ向対立で称賛『痛快です』『正論だ』」(まいじつ:5月12日)

▼「堀江貴文氏 田中みな実に痛烈ダメ出し『「政府は何もしてくれない!」とかアホなこと言うから…』」(東スポWeb:5月13日)

▼「ホリエモン、田中みな実へ『なんでもかんでも政府に頼るな』サンジャポで議論」(デイリースポーツ:5月13日)

 堀江氏は番組中、コロナ禍でも「緊急事態宣言の発令は必要なかった」と主張。念のために申し添えれば、これまでにも彼は一貫して同じ主張を続けてきた。テレビで注目を集めるため、でまかせに、いい加減なことを言ったわけではない。

ホリエモンvs.田中みな実

 これに田中みな実が「堀江さんは、どういう策を講じれば良かったと思われるんですか、政府は?」などと、質問を重ねる形で“反論”を行った。

 視聴者が堀江擁護派と田中擁護派に別れ、意見が分かれただけでも面白かったのだが、どちらに軍配を上げるか芸能メディアも見解を異にしたのだから、非常に興味深い。

「よほど番組で言い足りなかったのか、堀江さんは番組が終了してからも、ツイッターで田中さんを批判するなど、“場外乱闘”を続けました。具体的には田中さんを支持した『まいじつ』の記事リンクを貼り、改めて批判をしたのです。しかし、その際、『あんたみたいな馬鹿』と書いたことなどもあり、再び議論を巻き起こしました」(取材した記者)

 念のため、堀江氏のツイッターから、田中アナを批判したツイートを引用させていただく。確かに「馬鹿」という言葉が使われている。

《一人前の大人なんだから、なんでもかんでも政府に頼るな。自分で適切に情報収集して考えて行動すりゃいい。それを人のせいにするな》

《あんたみたいな馬鹿が「政府は何もしてくれない!」とかアホなこと言うから必要もない緊急事態宣言とか出しちゃうんだろうが。自分達のせいだって分かってないところが終わってる》

 番組のファンであれば、「いつものバトル」と笑って受け止めている向きも少なくないだろう。

 だが、民放キー局で番組制作に携わるスタッフによると、「マネできそうで、なかなかマネできない、サンジャポの十八番ですね」と指摘する。

「このところ堀江さんはコロナ対策だけでなく、検察庁法改正案でも持論を展開し、ネット上では多くの“アンチ”を作っています。それだけ注目度も高いわけですから、番組制作に携わる者なら、出演依頼を真剣に考えると思います。しかし、これが民放キー局の制作する番組となると、簡単にできるキャスティングではないのです」

「ワイドナショー」が勝てない理由

 堀江氏に対する世論の注目度は高いが、好感度が低いのが懸念材料だという。

 確かに堀江氏の発言をオンエアすれば、視聴者の耳目を集めることに成功するかもしれない。

 だが、彼の主張がイコール番組の主張と誤解されるのはごめん被りたい。そのリスクで、出演依頼に二の足を踏んでしまうというのだ。

「他の番組では、政治評論家の田崎史郎さん(69)が、テレ朝の報道局員でコメンテーターの玉川徹さん(57)や、元検察官・国会議員の若狭勝さん(63)との論戦を放送しています。堀江さんと田中アナの舌戦に比べると、田崎さんたちのほうが激しかったかもしれません。ところが視聴者が盛り上がったのはサンジャポのほうです。あの番組が凄いのは、プロレス的演出を巧みに使い、論戦のリアルさを保ちながらも、最後は笑えるエンターティメントにしてしまうところです」(同・番組制作スタッフ)

 これまでにも番組で堀江氏は、政治評論家の杉村太蔵氏(40)や、医師でコメンテーターの西川史子氏(49)とも論戦を繰り広げ、いずれも視聴者の注目を集めた。

「サンジャポは、視聴者が喜ぶ“バトル”の見せ方が上手いということです。番組スタッフにとって最高だったのは、堀江さんの相手が田中さんだったことでしょう。意外性がありますし、『ホリエモンの主張が番組の主張』と誤解されるリスクも減ります。プロレス的ではありながら、お二人とも若干、本気でムカついていた気配が画面から伝わってきたのも絶妙でしたね(笑)。田中さんはタレントとして、いい勘していると思います」(同)

 スタッフ氏は「これまでも、上西小百合さん(37)や、宮崎謙介さん(39)を出演させ、うまく使いこなしてきました。こういう芸当ができるのはサンジャポだけでしょう」と指摘する。

「裏番組ではフジテレビの『ワイドナショー』が人気ですが、コメンテーターの松本人志さん(56)の人気をもってしても、『サンジャポ』を視聴率で打ち倒すことはできていません。世論でアンチが多いはずの人物を出演させ、番組内でイジって盛りあげる手法は、真似しようと思ってもなかなかできません」

 今、サンジャポが呼べば盛り上がること間違いない芸能人は小泉今日子(54)ではないかという。

「彼女はSNSなどで、検察庁法改正案に反対していますからね。絶好のタイミングでしょう。サンジャポなら奇跡を起こせるのではないかと期待してしまいます。もっとも、小泉さんの大ファンを公言しているMC・爆笑問題の田中裕二さん(55)にしてみると複雑な心境なのかもしれませんが……(笑)」

週刊新潮WEB取材班

2020年5月24日 掲載