民放で中継しているのは日本テレビだけ(日本テレビ「ラグビーワールドカップ2019 ジャパン」公式サイトより)

写真拡大 (全2枚)

 10月5日夜に生中継されたラグビーW杯「日本VS.サモア戦」(日本テレビ)の平均視聴率は、32・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)を記録。瞬間最高視聴率は、なんと46・1%だ! いつから日本人はこんなのラグビー好きになったのか。一説には、この夏放送された「ノーサイド・ゲーム」(TBS)のお陰ではないか、との声も。しかし、そのTBSはW杯を中継していない。民放で中継しているのは日本テレビだけだ。

 ***

 ホクホク顔の日テレ関係者が語る。

「サモア戦で、30%超の数字が取れるとは思いませんでしたよ。日本戦は、回を重ねるごとに数字を上げています。次のスコットランド戦(10月13日)は40%超えも夢じゃないでしょう。社長も日本代表のジャージを着て仕事してますからね。かなり気合いが入っています」

民放で中継しているのは日本テレビだけ(日本テレビ「ラグビーワールドカップ2019 ジャパン」公式サイトより)

 ジャイアンツはどうした! なんてことは言うまい。4年に一度のワールドカップである。とはいえ、さすがにここまでラグビー人気が出るとは思っていなかったようだ。

「前回(2015年)のイングランド大会では、放送時間は遅かったにもかかわらず、2戦目のスコットランド戦で14・6%、3戦目のサモア戦で19・3%と高視聴率でした。ただし、これは初戦の南アフリカ戦で奇跡の勝利をおさめたからです。しかし、肝心の南アフリカ戦は地上波での放送はなかった。今回の日本大会は、ある程度の数字は行くとは思いましたが、まさかここまで行くとは……」

ラグビーW杯2019 日本戦の視聴率

 50代以上の方なら「スクールウォーズ」(1984年・TBS)がラグビーを題材にしたドラマとして記憶に残っているはずだ。最近では「ノーサイド・ゲーム」(TBS)も、ラグビーW杯に合わせるかのように放送された。

「どちらもTBSなんですよ。全国高校ラグビーの放映権は、系列の毎日放送がずっと持ち続けているほど、実はTBSはラグビーに強い。しかし、今回は放映権を取りに行かなかった。正直言って、日テレの前宣伝をしてくれたようなものです。今回、視聴率を上げているのも、大会直前に放送された『ノーサイド・ゲーム』のお陰という声もあります。TBS様々ですよ。もちろん、試合自体が面白いというのが要因でしょうけど」

 なんだか、TBSは日テレに油揚げをさらわれたかのようだ。では、なぜ放映権を取りに行かなかったのか。

「どうやら、9月27日から10月6日までの『世界陸上ドーハ』と重なったからのようです。開催地が中東のカタールですから、放送されるのは深夜。ゴールデンタイムで日本開催のラグビーで盛り上がった後、深夜の陸上まで見る人はなかなかいないでしょう」

 メインキャスターの織田裕二(51)は相変わらず元気だったけれど――。

決勝トーナメントは2位で?

「TBSの情報番組でも、真っ先にラグビーを取り上げています。もちろん、日テレの情報番組も、ラグビーを大々的に扱っています。やはり、こちらのほうが膨大な映像をふんだんに使うので面白い。おかげで、同時間帯で長らく視聴率1位を独走してきた『サンデーモーニング』(TBS)を『シューイチ』(日テレ)が逆転するという現象も起こっています」

 TBSも踏んだり蹴ったり……“喝”である。

「立川志らく師匠(56)をMCにして話題となったものの、低視聴率が続く『グッとラック』(TBS)も、サモア戦翌日は冒頭から取り上げていましたね。ただ、志らくさんはラグビーについて、『私はそんなに詳しくない。好きでもない』と言い切ってしまったのはどうなのかなと思いました」

 いくら本業が噺家だからって、情報番組のMCである。他局の番組とはいえ、全国的に盛り上がっているネタくらい、さらってこい。

 ともあれ、13日は決勝トーナメントのかかったスコットランド戦である。

「盛り上がることは間違いないでしょう。ただし、前回のイングランド大会では10-45で敗れていますし、通算成績も1勝10敗……かなりの強敵です。是非ともまた奇跡を起こしてもらいたいものですが、一部には2位で決勝トーナメントに行ってくれないか、という声もあるんですよ」

 なにい?

「もちろん決勝トーナメントには進んでもらいたいのですが、その日程が問題なんです。日本代表が属するプールAの1位チームは、20日(日)にプールBの2位と当たります。プールAで2位なら、プールBの1位と19日(土)に。実は20日の放映権はNHKにあるんです」

 そこまでして視聴率が取りたいのか。

「19日なら日テレの放送です。たとえ2位だとしても、視聴率は十分に取れると思います。でも、日曜にNHKが放送すると、当然、裏番組は大きな影響を受ける。それが最近不調気味の『ザ!鉄腕!DASH!!』と『世界の果てまでイッテQ!』(どちらも日テレ)になるとマズい、と心配する人もいます」

 大事な一戦でも、テレビマンは数字の計算をするらしい。もっとも、NHKとしては、大河『いだてん』の代わりにラグビーが放送できればこの上ない……お互い様かと思いきや、20日の放送はBS1だそうだ。頑張れニッポン。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月11日 掲載