死者が出た大阪の倉庫火災 スプレー缶約3千本を処分していた可能性

ざっくり言うと

  • 大阪の産業廃棄物収集運搬会社・今村産業の倉庫が燃え、2人が死亡した火災
  • 数週間前から、スプレー缶約3000本を順次処分していた可能性があるという
  • 警察は何らかの理由でガスに引火したとみて、当時の作業状況を調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング