春と秋の名物番組と言えば『オールスター感謝祭』(TBS)。

【写真】安倍首相は文大統領を「夕食会で別テーブルへ」

豪華な顔ぶれが並ぶことが生み出す「のぞき見感」

 あの特番の売りはなんだろう。「誰がクイズで優勝するか」だろうか? いや、それを目的に見てる人は少ない気がする。それより豪華な顔ぶれが並ぶことが生み出す「のぞき見感」ではないか。

 今は廃止されたらしいが、かつては「休憩タイム」というのがあった。スターが食事をとりながら談笑している。その場所にもカメラが入る。おまけ的なコーナーだが「あの人とあの人が喋ってるぞ」「こちらは意外な組み合わせだな」と視聴者はのぞき見感が楽しめた。

 でもそのうち気づくのだ。その「見られ方」はタレント側も承知だろうと。むしろ野次馬心をわかったうえで休憩タイムに臨んでいるだろうと。もしかしたら“誰と談笑するか”を見せつけたり、張り切るタレントだっているだろう。

 実は「外交」もそうかもしれない。


G20大阪サミット」1日目 ©AFP/AFLO

休憩タイムに目が行った「G20」

 先週「G20」が大阪で開催されたが、オールスターが揃う会議よりも「2国間外交」に注目が集まった。ある意味休憩タイムに目が行ったのだ。たとえば次の記事。

「トランプ氏『2国間』重視 G20 9首脳と会談へ」(読売6月28日)

 9首脳とはオーストラリア、日本、インド、ドイツ、ロシア、ブラジル、サウジアラビア、中国、トルコ。

《得意とする1対1の取引で有利な合意を引き出す思惑がありそうだ。》(読売・同)

 トランプはG20という「感謝祭」は本番のクイズではなく最初から休憩タイムが目当てだったことがわかる。

 日本の首相はどうか。

「首相、19首脳と会談」(産経新聞6月26日)

《参院選を控え、G20サミットで議長を務める首相にとって、外交手腕を示す格好の場となりそうだ。》(産経・同)

文大統領と談笑しないという「見られ方」を選んだ

 ホスト国として精力的だった安倍首相だが気になる記事もあった。

「日韓首脳、立ち話もせず」(朝日6月30日)

「首相、文氏を夕食会で別テーブルへ…際立つ関係悪化」(読売新聞オンライン6月30日)

  読売には《徴用工訴訟問題を巡り、日韓請求権・経済協力協定に反する状態を放任している韓国に対し、首相の厳しい認識を示す狙いがあるとみられる。》という解説があった。

「オールスター感謝祭」では誰とイチャイチャするかも見せ所だが、「G20」では「誰と談笑しないか」も強い意味を持つことになる。安倍首相は文大統領と談笑しないという「見られ方」を選んだのだ。

 ちなみに対中国ではどうだったか。日中首脳会談は「つかの間の蜜月」(日経)と表現された。つまり、この手のお祭りでは一時的に諸問題を棚上げしてでも仲良くしてみせる。でも韓国とはそういう演出すらしなかったことがわかる。

 ホスト国として禍根を残すことにならないだろうか。それとも韓国への見せしめは成功だったのか?

 すると……

 最大のサプライズはそのあとに待っていた。

「米朝韓そろい踏み 実現」「文氏 南北対話に期待」(読売7月1日)

 電撃のトランプ・金正恩会談。ああ、これぞ究極ののぞき見(2国間外交)ではないか。そこにしっかり混じる韓国の文大統領。

 周到に練られた政治ショーだろうが、3人がこれを見せつけた結果「G20ショー」を食ってしまった。文大統領に至っては「ひっくり返してやった」感もあるだろう。

 発信力の強さというか、外交の狡猾さを見せつけられた。

スケールの小さい発信を頑張った日本政府

 でも日本政府も“それまでは”頑張ったと思う。

「首相初議長 SNS意識」(日経6月29日)という記事では、今回のG20では日本政府がSNSを使った情報発信に力を入れていると報じられた。

 各国オールスターとの「談笑」を自ら発信して頑張ったのだ。これぞ自助努力ではないか。

 こういう記事もあった。

「『米・日・中ぎゅうぎゅう』なぜ? 理由は『言えない』」(産経ニュース6月28日)

 28日の特別イベントでトランプ米大統領、安倍首相、習近平中国国家主席が「狭そうに」3人で座っていた長机の風景が話題、という記事。

 外務省は会場決定の経緯などについて「お話しできない」としているという。でも結果的にトランプと習近平を両脇に従えているように見える安倍首相というあの「絵」はさぞかし魅力的な発信に思えたはずだ。

 大臣だって頑張っていた。外務大臣は「タローを探せ。」と題してG20での様々な写真をあげていた。

 そのあとの米朝韓の壮大な発信を見てしまうと酷だが、スケールの小さい発信を頑張っていたのである。

 G20お疲れさまでした。

『芸人式新聞の読み方』 が文庫になりました。ジャーナリスト青木理氏との「全国紙・地方紙実名ぶっちゃけ対談」などを文庫特典として収録!

(プチ鹿島)