日本代表MF久保建英【写真:Football ZONE web】

写真拡大 (全2枚)

海外メディアにも衝撃を与えた久保の電撃移籍 「レアルへの移籍で驚きを提供した」

 日本代表MF久保建英は、14日にFC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ完全移籍することが発表された。

 日本サッカー界に大きな衝撃が走ったなか、スペインの大手紙「AS」の記者も日本の18歳アタッカーを絶賛。「“日本のメッシ”と呼ばれているのは知っている」と語った一方、「本家メッシ」との類似点を指摘している。

 久保はバルセロナの下部組織で長年プレーし、2015年3月よりFC東京U-15むさしに加入。2016年にFC東京U-18に昇格したなか2017年11月に16歳でプロ契約を結んだ。2018シーズンの前半はFC東京でプレーし、夏から横浜F・マリノスへ期限付き移籍。今季は再びFC東京に戻って存在感を放ち、レアルへの電撃移籍が決まった。

 今月9日のエルサルバドル戦(2-0)で後半22分からピッチに立った久保は、歴代2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。コパ・アメリカ(南米選手権)の日本代表にも継続招集されたなか、13日の現地合宿初日後にレアル移籍が発表された。

 日本人アタッカーの一報に海外メディアも注目。スペイン紙「AS」も連日報道しているなか、日本代表の取材に訪れていた同紙チリ版記者のパブロ・ヴェラ・オヘダ氏が久保を絶賛している。

「クボはとても速く、インテリジェンスがある。そしてレアル・マドリードへの移籍で驚きを提供した」

「2人とも左利きで、速く、技術に優れ、サイズ的にも似ている」

 それまで久保の知名度は決して高くなかったと語るオヘダ氏。もっとも「クボが『日本のメッシ』と呼ばれていることは知っていたよ」と明かす。

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシになぞらえて“日本のメッシ”と呼ばれた久保は、かつて在籍したバルセロナではなく、宿敵レアルへの移籍を決断した。それでもオヘダ氏は久保の才能を認めつつ、“メッシとの類似点”を指摘している。

「本家メッシとの類似点は少なくない。バルサとレアルというクラブの違いはあるが、メッシは下部組織からトップチームに昇格し、久保もレアルのカスティージャ(Bチーム)から再びスタートを切る。2人とも左利きで、速く、技術に優れ、サイズ的にも似ている」

 大会公式データでは170センチ・72キロのメッシに対して、久保は173センチ・67キロ。成長途中の久保はさらに逞しさを増しそうな気配も漂うが、スペイン紙記者の眼にはサイズ感も含めて、メッシと久保が様々な点で似ていると感じているようだ。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)