東京五輪チケット詐欺にご用心!当選メールが届いても……URLが書いてあったら全部ニセモノです
2019年6月20日、東京2020大会 オリンピック観戦チケットの抽選結果が発表され、販売開始となる。購入手続きが可能な期間は2019年6月20日〜7月2日。この期間に購入手続きを行わなければ、当選していたとしても失効してしまう。

これに対し、組織委員会は、URLが記載されているメールが送られてきたら、それは"偽メール"だと思ってほしいと警鐘を鳴らしている。

【引用】
組織委は対応策として、支払い決済に関わる重要なメールという観点から、クリックすれば自動的にインターネットにアクセスできる「URL」をメールに記さないことを決めた。「URLが張り付いていたら偽メールだと思ってください」

クリックできる詐欺メールのアイデア


もしも筆者が詐欺師だったら...こんなメールを一斉送信するだろう。

「info@mail.tokyo2020.jp」に近いメールアドレスを取得して、そこから違法に入手したアドレスへ一斉送信する。

そして、公式サイトに似せたフィッシングサイトでカード番号の入力を促し、カード番号を漏洩させる。

基本的にTOKYO2020 info@mail.tokyo2020.jpの文章フォーマットは簡単に真似することができるので、たとえば以下のような当選メールが来たとしても、URLが記載されているメールならば「五輪チケット詐欺」と判断しなければならないのだ。

たとえばこんなメール文面でinfo@mail.tokyo2020.jpと似ているアドレスからメールが届く。しかも今までのオフィシャルメールに似た文章フォーマットであるため、ついつい当選の喜びに高揚してしまうかもしれない。

当然、2019年6月20日は公式サイトが繋がりにくくなるはずなので、手付金を支払う必要がある旨が記された詐欺サイトへ誘引され、クレジットカードの番号やIDを打ち込んでしまい、たとえば1万円を盗られるといったケースが簡単に想像できる。

2019年6月20日の朝6時台にこんな詐欺メールが送信されたとしたら、支払わないまでもなんらかの足跡を残してしまう人が多いのではないだろうか?

そうならないために、当選結果のメールが届いても、必ず自分のTOKYO2020 IDを使って東京2020公式チケット販売サイトにログインして確認いただきたい。



......とはいえ、2020年6月20日には公式サイトへ繋がりにくくなることが想定されるので、当選した人は2〜3日経過してからゆっくり申し込むぐらいの心のゆとりを持つことが一番重要だ。