小沢一郎氏

写真拡大

24日放送の「バイキング」(フジテレビ系)に自由党代表の衆院議員、小沢一郎氏が生出演。その中で東国原英夫氏が小沢氏の「罪」を指摘する場面があった。

番組では緊急生出演した小沢氏を交え、様々な政治問題を議論する中、次期衆院選に向けての「野党共闘」がテーマとなる。

東国原氏はこの話題で「(小沢)先生の罪は大きい」と切り出す。「なぜかというと後継者を育ててないからですよ」とその真意を明かした。東国原氏は「小沢一郎というでかい政治家」のその次を担い、「野党を一本化できるニューリーダーがいない」のだと訴えた。

そんな東国原氏は、民進党の現代表である蓮舫参院議員については「蓮ちゃんじゃ弱いんですよ」ときっぱり。

ここで司会の坂上忍が、「後継者は山本太郎ではなかったんですか?」と問う。2014年、当時小沢氏が率いていた生活の党に参院議員の山本太郎氏が入党し、名称を「生活の党と山本太郎となかまたち」に改称。さらに同党が現在の自由党となる。

しかし東国原氏は坂上の発言に「はあ!? 論外ですよ!」と絶叫ぎみに否定していた。

【関連記事】
ドワンゴ会長の川上量生氏 小沢一郎氏に7年間献金していた
太田光が小沢一郎氏の政治人生について「没落した」と明言
山本太郎議員が自民党の体質を批判「毎日がエイプリルフール」