F1フェラーリのフェリペ・マッサ(ブラジル)が、今季これまでに30ポイントを稼ぎ頭角を現しているBMWについて語った。

第3戦バーレーンGPを制したマッサは「今季のBMWが我々のライバルであるマクラーレンを抑え、タイトル争いを演じる実力が備わっているのかどうかはまだ判断できない。しかし、現状ではBMWとマクラーレンは同じレベルにあると感じている。我々は両チームに注意を払わなければならない。適切な判断を下すためにも、これから数試合の動向を冷静にうかがわなければならないだろう。BMWが確実な進歩を遂げたことは明らかだ。一方、マクラーレンは昨季までと比較すると今季は完成度が低い気がしている」と分析した。