今夏に久保がレアル、安部がバルセロナへと移籍「日本サッカー界が右肩上がりと証明」今夏の移籍市場は、日本サッカー界にとって大きなターニングポイントとなった。日本代表MF久保建英がレアル・マドリード、同MF安部裕葵はバルセロナへの移籍を果たした。スペインが誇る二大巨頭にそれぞれ日本人選手を送り出すことになったが、スペイン紙「マルカ」は「久保と安部。日本が計画するサッカー界の支配」と見出しを打って報じ、