チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、10日の会見でインテルMFフレディ・グアリンの獲得を否定した。同監督は「グアリン? 私が関心を示しているというのは事実じゃない」と話している。チェルシーはグアリン獲得から手を引いたようだ。

グアリンだけではなく、モウリーニョ監督はMFフアン・マタやMFケヴィン・デ・ブルイネについても言及。「マタへのオファーは一切受けていない。デ・ブルイネについては、今2つのオファーを検討しているところだ。彼はファンタスティックな選手で、とんでもないポテンシャルがある」と話した。

なお、フランスのメディアは、パリ・サンジェルマン(PSG)がチェルシーMFエデン・アザールを狙っていると報じた。ユヴェントスMFポール・ポグバだけが狙いではないようだ。そのPSGのローラン・ブラン監督は、10日の会見で補強について次のように話している。

「新戦力? 現時点でそれは優先事項ではない。この1月のマーケットで緊急補強をしなければいけない状態ではないんだ。私はとてもリラックスしてこの日々を過ごしている」