ロックバンド、レミオロメンの藤巻亮太が年末から新年にかけてヒマラヤ登山に挑戦していた。同行したのは世界のアルピニスト野口健である。

アルピニスト野口健とミュージシャン藤巻亮太の出会いは雑誌対談だった。野口健のブログによると彼がレミオロメンのコンサートに行ったり、藤巻が富士山の清掃活動に参加するなど交流しているようだ。
野口健と共に藤巻亮太がヒマラヤへ向かったのは昨年の12月27日だった。藤巻はその様子をブログで紹介している。彼が貴重な休みを利用してヒマラヤへ遠征することを聞いた周囲は「そんなところ行って休める?」、「わざわざ寒いところに行くなんて」という反応を示したそうだ。『男のロマンが分からない…悲しい』と彼は心で叫んだのだった。

今回は本格的な登山ではなく、トレッキングとして「旅の安全、身体の健康を第一に考え無理のないようにする」ことを大前提とした。
バンコク経由でタイ、ネパールとヒマラヤを目指して藤巻は新年を迎えた。途中高山病の症状にも悩まされた彼だが、持参したアコースティックギターを弾きながら広大な山々に囲まれて大自然でのライブを楽しんだ。
彼は「『Your Song』を歌った時、一瞬風が止んで、山々が聴いてくれている様でした」とその感動を記している。標高5,550m、氷点下10℃〜15℃という環境だ。そんなところでギター演奏が出来ること自体驚きである。
あまりの寒さに手がかじかんで鼻水が止まらないという藤巻だが「歌とギターの音が響き渡った世界はあまりにも気持ちよくて、何曲も歌いました」というように1曲ならずミニライブ状態となったのである。

一方の野口健のブログによると1月19日の内容で「無事にヒマラヤから戻ってきました」とあり、彼は藤巻のライブを「亮さんのビデオカメラでバッチリと撮影しています」とも書いている。彼はそのライブを堪能したのだ。
また野口は「人生の友、これからもカメラ片手に世界を一緒に歩こう」と藤巻にメッセージを贈っている。2人はこれからも大自然を楽しむようである。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)【関連記事】
レミオロメンが東京に出てきて驚いた、『ムジンが無い!』
浜ちゃんも唖然? レミオロメンの新曲PVに隠されたドッキリ映像。
桑田佳祐が「木村カエラには会いたくない」発言!その理由とは?
SMAPの5人が今年一年を漢字で表すとこうなった!
「4人は初めてじゃない」。中居クンの”禁句”にギクリとしたあの2人。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!
【参考】
藤巻亮太の「な〜んだかツアーだよね」ブログ
アルピニスト・野口健のブログ