小沢一郎氏

写真拡大

 立憲民主党小沢一郎衆院議員が15日、ツイッターに新規投稿。感染拡大が続く新型コロナウイルス対策についの菅義偉首相の発言に疑問を呈した。14日には西村康稔経済再生相について投稿した。

 小沢氏は「『専門家もGo Toを見直す状況にはないとの認識を示している』と総理。つまり、政府の主張を正当化する専門家だけが『専門家』であり、後は弾圧すべき邪魔な敵ということになる。国民の命よりもメンツや利権が優先される国。国が率先して全国へ感染を拡大させてどうするのか」と批判した。北海道医師会はGoToトラベルの見直しを求めている。

 小沢氏は14日には、「『感染は急拡大しているが、GoTo使うかは皆さんの判断だ』と担当大臣」と西村経済再生相の発言を報じる記事を引用。「一部で医療崩壊の懸念まで出ているのに、政府は何も手を打とうとせず、早くも醜い責任逃れ。例えば、学術会議の任命拒否のように、これを科学的に批判する学者が弾圧されるとすれば、戦前と同じである」と投稿した。