池江璃花子が退院を発表 合併症併発で造血幹細胞移植も

ざっくり言うと

  • 池江璃花子のマネージメント事務所が17日、退院までの経過を報告した
  • 「急性リンパ性白血病」と診断され、化学療法での治療期間中に合併症を併発
  • 造血幹細胞移植もし、その後は寛解状態を維持、体調も安定しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x