金正恩(キム・ジョンウン)氏

写真拡大

北朝鮮北東部の山間地で、貧しい暮らしを送っていた母子が忽然と姿を消す事件が起きた。事件から1ヶ月以上経った時点でも、母子の安否は確認されていない。

事件が起きたのは、中国との国境に面した咸鏡北道(ハムギョンブクト)の穏城(オンソン)だ。現地のデイリーNK内部情報筋は、4月20日ごろに、郡内の倉坪(チャンピョン)労働者区に住んでいた母子2人が姿を消したと伝えた。

2人は倉坪協同農場で働いていたが、収穫物の分配を受け取れず、非常に苦しい暮らしを強いられていた。母子は3ヶ月前に家を売り、山の中に入って木と土で建てた掘っ立て小屋に住んでいた。おそらく、当局からの勤労動員や、事実上の税金の徴収に耐えかねてのことだろう。

2人は山奥に入って山菜を採って生計を立てていた。他の村人も同じように山に入っていたが、母子は他の人が行かないところまで入って山菜採りをしていた。

山には鉄柵が張られ、その奥は立ち入り禁止になっているが、母子だけは警備の兵士に通してもらえていたのだ。村人の噂では、娘と兵士が付き合っていたからだという。

ところが、2人はある日突然忽然と姿を消した。この鉄柵の向こうは以前は管理所(政治犯収容所)――つまりは公開処刑や虐待が横行する、この世に実在する「地獄の一丁目」だったのだ。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

2人の住んでいた農場から南に数キロのところに、900メートル級の山が連なっている。その山の向こうには、2012年に閉鎖された22号管理所があり、その事実は村人たちも認識していた。

最大で5万人が収容されていたと伝えられる、一度入れられたら絶対に釈放されない「完全統制区域の収容所」だったが、2012年に閉鎖された。管理所長の運転手と平壌から来た女性収監者が脱走した上に、すぐそばを流れる豆満江を渡って脱北する事件が起きたことが、閉鎖のきっかけという説がある。

なお、米フォーブス誌は2013年10月、米NGOの北朝鮮人権委員会の報告書をもとに、収容所にいたはずの収容者のうち2万人が姿を消したと指摘、虐殺された可能性があると報じている。

村人は、元収容所だった敷地を兵士が警備をしていることは知っていたが、今は軍事施設になっていることは知らず、2人は不法侵入で逮捕されたとの噂が立ち上っている。

収容所に関連するとあって、噂を聞いた村人は不安に震えている。つまり、処刑を含む極刑に処された可能性を考えているということだろう。様々な話が飛び交っているが、いずれも噂に過ぎず、2人がなぜ姿を消したのかわかっていない。さらに、場所が場所だけあって2人が脱北したのではないかという話も浮上している。

情報筋は「いつも腹をすかせていて生活が苦しかったので山に入ったのだろうが、忽然と姿を消してしまったことに住民は心を痛めている」と語っている。