神戸市で2人が死亡したバス事故 運転手には糖尿病の持病

ざっくり言うと

  • 神戸市のJR三ノ宮駅前で21日、市営バスが歩行者をはね、2人が死亡した事故
  • 運転手には糖尿病の持病があり、日頃からインスリンを使用していたという
  • インスリンは使用後、意識が低下することもあり、県警が関連を調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング