夫の愛人候補については夫婦で話し合う|ポリアモリストの妻として

写真拡大

 同時に複数の人と付き合う”複数恋愛”をオープンにしているポリアモリスト(複数恋愛主義者)。

 神田・神保町にある芳賀書店の3代目である芳賀英紀さんは、ポリアモリストであることを公言し、さまざまなメディアを通じて精力的な活動を行っています。
 そんな芳賀さんの妻である柚衣さんは、一児の母として家庭を守りながら、芳賀さんの愛人の存在を公認している『ポリアモリストの妻』。前編では芳賀さんとの出会いから、愛人との三者面談に至るまでの心境を語っていただきました。

◆柚衣さん自身は「ポリアモリスト」なのか?
 ここまでの話を聞いて、確認しておきたかったことがひとつありました。それは、柚衣さん自身が「ポリアモリスト」であるのか否かです。この質問を投げかけると、柚衣さんは少し困ったように笑いながら「ちょっとわからない」と答えてくれました。

「自分自身がそうなのか、と問われると正直に言うと判断しづらいというのが本音です。芳賀は私にも浮気をしていいと言ってくれています。とはいえバレないようにして欲しいというのが本音のようなのですが。

 でも、彼がその魅力を認めている私の知人男性が1人いるのですが、その人となら公認でOKだと言われていますね」

 その人と自分も公認の浮気をすることで、さらに自分への自信や余裕が生まれる可能性は高いと、柚衣さんは言いました。ですが、現実問題として子どもを預けられるような場所がなく、あっても金銭的に厳しいという点で実現が難しい状況にはあるようです。
 それが芳賀さんの公認愛人である由香さんも含めた3人での行為が未だかなっていない一因でもあるのだとか。

「せっかく公認になったのだから、3人でしてみたいという気持ちはあるんですけどね……。今はまだ止まっています」

 同時に、愛人を公認したあたりから、芳賀さんと由香さんの関係に徐々に変化が見え始めたとのこと。

◆夫が愛人と会っていても『何してるんだろ』と思わなくなった
「なんというか、浮気が沈静化しちゃったんですよね。彼たちが2人で会っていても、行為はしていないらしくて。芳賀自身も『浮気してないわけじゃない』と言っているので、単に時期的なものなのかもしれませんが……」

 ちなみに、芳賀さんと柚衣さんの性生活については極めて良好だそう。そんな柚衣さんに、愛人である由香さんから頻繁に連絡が入ってくるそうです。

「『芳賀さんとしたい!』ってラインしてくるんですよ(笑)。改めて、裏表のないイイ子なんだな〜って思いましたね。彼女がそういう人だから、芳賀が2人で会ってる時も『何してるんだろ』とか思わなくなりました」

 さらに、由香さんがまったく嘘のつけないタイプな分だけ、芳賀さんからの嘘がわかりやすくなったとも。現在の3人の関係性は、柚衣さんにとっては決して悪くないもののようです。

 けれども、芳賀さんがポリアモリストである以上、今後も由香さんだけでない愛人の存在を考える必要性はあるはずです。

◆ポリアモリストの妻として生きていけるのは夫への信頼から
「それなんですが、実はすでに候補は何人かいるんですよ。そういう直接的な話はまだしていませんが、既に可能性がありそうな数名の女性と会わせてもらってます」

 驚いたことに、次の愛人候補については夫婦で話し合いの場を設けることもあるそうです。

「最近は『あの子なら安心そう』とか、『あの子ならスペック高そう』なんてディスカッションしてますね。第一候補くらいまでは絞り込めているので、遠くない未来に新しい公認愛人が発覚するかもしれません」

 正式な妻である柚衣さんが、夫のこんな話を笑顔で語れるのは、何よりも大きな理由がひとつある。

「それは、芳賀に対する圧倒的な信頼です。もともと結婚願望なんてまったく無かった私が、こんなに愛しているのも、愛されていると実感することも初めてのこと。彼の見る目や生き様に間違いはないと信じているので、ポリアモリストの妻という立場を生きていけるのだと思います」

 最後に、柚衣さんは芳賀さんとこれからどんな家庭を築いていこうとしているのかを聞いてみた。

「テレビで『クレイジージャーニー』を見て、いろんな民族の文化にみんなが感心するように、私たちも『芳賀家』というひとつの文化になれればいいな、と思っています。幸せな家庭を作っていきたいですね」

<文・写真/もちづき千代子>