「ばぁばが本業」と語る日本料理研究家の鈴木登紀子さん(92才)

写真拡大

 NHK Eテレの料理番組『きょうの料理』に40年以上出演している“ばぁば”こと日本料理研究家の鈴木登紀子さん(92才)。2017年5月には『ばぁば 92年目の隠し味 幸せを呼ぶ人生レシピ』(小学館)を出版するなど、精力的に活動している。

 そんなばぁばが毎月10日間にわたって主宰する「鈴木登紀子料理教室」には、ベテランの主婦から20代の新婚女性、女性の会社社長など、幅広い年齢層、さまざまな背景の女性が集う。

 料理教室といっても、生徒さんは包丁を持たない。旬の食材を使った献立を料理するばぁばの手元を目の前で眺め、出来上がった料理をいただく…というスタイルだ。あらかじめ、作り方を書いた自筆のレシピが配られる。

「夫が楽しみに待っているので…」とお弁当箱持参で半分持ち帰る人もいれば、その夜に献立を作ってみるという人、あるいは「月に1度の癒しの時間なんです」と、ばぁばの手料理を堪能するためだけに来る人もいる。

「極論を言ってしまうと、おいしいものを食べるのが大好きなら、それでいいと思うの。食がわかる、作法がわかる、お料理についての引き出しがたくさんできる。おのずと体によいものを見分ける知恵がつきますでしょう? お料理は生まれ持ったセンスも大切なの。だから、食べるのは好きだけど作るのはイヤっていう人もいるし、作るのは好きだけど上手ではない人もいるのね。でも、『作ってみよう!』という心意気が大事。作っているうちに上手になりますから。ばぁばみたいにね(笑い)」(鈴木さん、以下「」内同)

◆台所で愚痴らない。イライラしない 主婦の聖地は笑顔で守るのですよ

 いつ会いに行っても、疲れた顔のばぁばを見たことがない。ばぁばが「面倒くさい」と言うのを聞いたことがない。

「はーい、いらっしゃい!」と笑顔で記者を出迎え、「お疲れさまでした。ちゃんと食べて、無理しないのよ」と笑顔で送り出してくれる。

「46才の時に『きょうの料理』(NHK Eテレ)でデビューするまで、私は生粋の専業主婦でした。今も、私の居場所はあくまで台所。妻であり母であり、ばぁばが本業なの。

 主婦はね、家族のまとめ役なのです。燦々と光さす家庭の太陽なの。そして台所は主婦の聖地であり、家族の命を紡ぐ料理が生まれる、いちばん大切な場所なのです。家事や育児が疲れるとか、主婦の仕事をお金に換算する下品な傾向もあるようですが、とんでもないこと。主婦は、家族が健康で外で元気に活躍する原動力なのだから、ご自身の功績にもっと誇りと自信をお持ちになるべきだと思います。スマホでお友達に愚痴ってるヒマがあったら、おだしのひとつもお取りなさいな」

◆どんなに忙しくても3食きちんと食べること

 2007年に夫の清佐さん(享年91)を自宅で看取ったのち、東京・田園調布の自宅で5年間、ひとり暮らしをした。

「お料理教室もありましたし、子供たちもよく遊びにきていましたから、寂しいということはなかったの。ただ、やっぱり最初の1年間は、パパのいない食卓は悲しくて悲しくて、ひとりで食事はできなかった。お仏壇にご飯を供えて、パパの遺影に話しかけながら、食事をいただいていました。

 でも、ちゃんと作って、しっかり食べていましたよ。ひとりでも人生は続くのだもの。食をおざなりにしますと、生活が間違いなく荒れます。品数はいらないの。温かいご飯と汁もの、『ごちそうさまでした』と言えるおかずと、ちょっと香のものでもあればよいのです。煮物なら、翌朝は味がしみておいしくなりますから、少し多めに作ってもいいですし、保存できるものなら、無駄にはならないはずです。ひとりだからこそ、いいお刺身やお肉を…というぜいたくもまた愉し、よ。

 それに、ひとり身なら、お友達と気軽に外食もできるし、旅行だって行けるわよね。時にはおめかしして、おいしい食事や他愛ないおしゃべりを積極的に楽しむことが、明日の活力につながるのよ」

撮影/近藤篤

※女性セブン2017年6月1日号