多彩な創造性も症状の一つ?ダ・ヴィンチが「ADHD」だった可能性JBpress

多彩な創造性も症状の一つ?ダ・ヴィンチが「ADHD」だった可能性

ざっくり言うと

  • 英研究者が、レオナルド・ダ・ヴィンチが「ADHD」だった可能性を指摘した
  • 移り気で思考が彷徨うような不注意さや、落ち着きのない多動性があったそう
  • こうした特性がうまく働けば、多彩な創造性の原動力になりうるとしている

ランキング