「一時退院ができていることや、(写真の)池江選手の表情から見ても、治療は順調と思われます」そう語るのは、これまで数多くの白血病患者を担当してきた江戸川病院腫瘍血液内科副部長の明星智洋医師。東京オリンピック開幕まで400日あまりとなった6月5日、競泳の池江璃花子選手(18)が公式ホームページで写真とメッセージを公開した。《退院中は家族で食事を楽しんだり、外の空気をたくさん吸ってのんびりした日を過ごしました