「ポロ TSI コンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、人気の量販コンパクトカー「ポロ TSI コンフォートライン」に、「ポロ」シリーズとしては初となるアイドルストップとブレーキエネルギー回生システム付きの1.2リッター TSI エンジンを搭載した「ポロ TSI コンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」を、2012年4月3日に発売した。全国希望小売価格は、218万円。

新エコカー減税・補助金の対象に

国内販売するすべてのフォルクスワーゲンの中で最高の燃費(20km/L:10・15 モード)を誇っていた「ポロ」だが、今回の「ブルーモーション テクノロジー」の採用により、さらに燃費が向上して21.2km/L(JC08 モード)を達成した。これにより、2012年4月以降適用される新エコカー減税(75%減税)と新エコカー補助金(10 万円)の対象となっている。

また、環境技術に加え、インテリアの質感向上にも力が注がれている。運転するたびにドライバーが直接手に触れるステアリングホイールやハンドブレーキグリップ、シフトノブにレザーを採用したことで、従来から評判の高いインテリアの質感との相乗効果により、エントリーモデルでありながら1クラス上のクルマであるような上質、快適なドライビング空間を実現した。