c創通・サンライズ

写真拡大

相模屋食糧は、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍の代表的なモビルスーツ「ザク」とコラボした新商品「ザクとうふ」を2012年3月28日に発売した。

豆腐がザクなら 大豆じゃないんだ 豆だって

つのつきで赤い「シャア専用ザク」で有名なザクだが、作中では、つのなし、機体色が緑の量産型ザクも多く活躍した。今回の「ザクどうふ」は、このモノアイの特徴的な「MS 06F 量産型ザクII」の頭部をかたどった容器に豆腐を充填(じゅうてん)した商品。裏側のフィルムには、ジオン公国のエンブレムがプリントされているなど、細部にまでこだわりがひかる。

容器だけでなく中身のほうも、機体の緑色をイメージし、枝豆風味の豆腐を採用している。春夏を迎えるこれからの季節にピッタリなコクの豊かな枝豆風味の豆腐は、そのまま食べてもおいしいほか、醤油(しょうゆ)やかつお節、塩など、さまざまな調味料とも相性がよいという。

また、ザク・マシンガンとならぶ「ザク」の代表的な武器「ヒート・ホーク」をモチーフとした「ヒート・ホーク・スプーン」も数量限定で同梱する。

このほか、公式サイト上で、「機動戦士ガンダム」の世界観を再現したジオラマ風のオリジナルレシピを公開しており、オリジナリティーあふれる食卓を楽しめる。

関東地区を中心とした全国のスーパーマーケット、ショッピングモール、コンビニエンスストアで販売、価格はオープンだが、200円前後を想定。